お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

INTERVIEW | インタビュー

女装という趣味が明らかになった花澤家の長男・葉理男を演じる中村倫也さん。妹のカレシ・保にも冷めた対応をし、クールで他人に干渉しない主義を貫いてきたキャラクターから一転、新たな一面を見せていく葉理男を、感情豊かに演じています。そんな中村さんに、個性的な役どころを演じる気持ちや、共演者の印象など語っていただきました!

演じる葉理男という役柄の印象は?
女装趣味の第5話を終えてみると、結局“クールぶってた”だけだったんだなと思いました。長男として、あまり手の掛からない子でいようとして、本音を抑えて何事も自分でやってきたタイプ。その一方で、真正面から何かにぶつかったことがなく、挫折を知らずにきた人間なんじゃないかと。台本がどんどん上がってくるにつれて、演じるキャラの幅が広がって自分の知らない一面を教えてくれるのが連続ドラマならではの楽しいところです。
自分と葉理男は似ていますか?それとも全く違うタイプ?
感情を内に秘めていてフラットなところは似ています。多分、葉理男も熱い人は苦手でしょ(笑)。また、葉理男が女装で何かを発散しているのと同じで、僕も俳優という仕事柄もありますが、自分ではない違う誰かになることで発散しているという部分も同じです。若い頃、3ヶ月仕事がなかった時に、自分以外の誰かになることができなかった期間は、何か滞って閉塞していく感じでした。「あー、早く芝居がしたい!」って。
「恋愛はコスパ悪い」と言う、恋愛にさめたスタンスの葉理男ですが?
あのセリフはかっこつけてるだけだと思いますよ。モテたくない男なんていないから(笑)。例えば親戚の集まりとかで久しぶりに会った叔父さんに「彼女できたか?」とか質問攻めにされて、メンドくさくて生返事であしらってるような感じ。100%の本音じゃないと思います。
ご自身の恋愛観や女性に対するアプローチは?
僕、ガツガツいきますよ!ただ、誰に対してもではなく、本気でアタックするほどの相手かどうかはちゃんと見極めてから行動しますけど。恋愛観は・・・男は精一杯男らしくしつつも、最終的には女の人に転がされていたいかな(笑)。
葉理男の「女装趣味」についての感想は?
ずっとクールなキャラクターだったので、「女装というのは振り幅が大きくて面白そう」と思いました。これまで、舞台などで何度か女装する機会はあったんですが、どれも女形やオカマの役で、「性別は男だけど女装することで発散する」という設定は初めてなので演じていて面白いです。
女装中の演技で意識したことは?
女になっていることを心から楽しんではしゃいでいるシーンと、家族に秘密を明かす時の情けなく立っているシーンでは気持ちが違いますからね。外からの目に対して、女性キャラを作っている時と作ってない時の違いを意識して演じました。
葉理男の女装のように、中村さんのやめられない趣味などありますか?
僕からすると全員友達なんだけど、お互いに面識のないメンバーを、誰が来るか知らせずに集めて飲み会をやることです。初対面同士が気を遣い合ったり、どぎまぎしているのを見ているのが楽しいんですよ。“中村と愉快な仲間たち”って呼んでるんですけど(笑)。最初の紹介だけ僕がして、「こいつは気を遣ってこう言ってるけど、あいつはそう受け取ってなくて話が食い違ってるな」って思いながら眺めてる(笑)。迷路でみんなを一斉にスタートさせて、僕はそれを上から見ている状態ですね。え、これ、やめた方がいいですか?でも、最終的にはみんな仲良くなっているので結果オーライかな、と(笑)。
共演の遠藤さん、渡部さんの印象は?
遠藤さんは前にご一緒したこともあって、とても好きな役者さんだし、一緒にやると絶対楽しいというのが分かっていたので、ずっと「もっと保さんと絡みたいな」と思ってたんです。ようやく第5話でがっつり絡めて本当に嬉しかったです。これからも何度もご一緒したいです。渡部さんは、僕が小学生の時に大好きだったドラマに出演されていて憧れだったので、最初は本当に緊張しました。ある時、渡部さんに「葉理男、ちょっと来い」って呼ばれて、「ダメだ、このネクタイは」と僕のネクタイを結び直して下さったんです。「俺、今、渡部篤郎さんにネクタイ結ばれてる…」って感動しました。「渡部さんが横にいらっしゃる」ってことに、最近まで慣れなかったです。
お二人の演技はいかがですか?
何度もご一緒されているみたいで、現場でも言葉少なにコミュニケーションを交わして、お芝居をバチッと合わせるんです。そういうあうんの呼吸みたいなものを間近で見て、「いいな、かっこいいな」と。僕もいつか共演の誰かとそうなれば、と憧れます。
ちょっと変わった花澤家ですが、中村家の“ここがヘン!”なところがあれば教えて下さい。
子供の頃ですが、テレビのリモコンのことを“テレビパッチン”って呼んでました。物心ついた時から家族全員がそう呼んでたので、友達の家に遊びに行くようになって初めて、“テレビパッチン”じゃないことを知りました。
視聴者の方にこれからの見どころを!
女装がバレましたが、これ以降もしれっと女装してごはん食べてたりすると思うので、ぜひお楽しみに(笑)!保と美蘭は結婚できるのか?!というのはもちろん、今後はお母さんの秘密も明かされていくはずなので、ぜひ最後まで見届けて下さい!

もし葉理男と同じ状況になったら?

僕は兄弟は兄しかいないんですが、もし妹がいて自分の父と同い歳のオジサンを婚約者として連れてきたら・・・いわゆるコワい人じゃなければ大丈夫です(笑)。反対する父親には「どこが嫌なの?」と理由を聞きますし、妹が困ってたら助けたいです。でも最終的にはどっちの側にもつかないかな。“引いたところから見ながら、面白そうな種を探す”みたいな、葉理男と真理乃を足したような対応をしてしまうかも(笑)。

INTERVIEW BACKNUMBER | インタビューバックナンバー


もっと見る

Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る