大阪環状線 -Part4 -

ドラマ『大阪環状線』Part4
マスコットキャラクターは…
関西ジャニーズJr.西畑大吾さん!

環状線の駅を舞台にした1話完結のオムニバスドラマ『大阪環状線Part4 ひと駅ごとのスマイル』。今年10月から放送するシリーズ第4弾の全編を通してのマスコットキャラクターに、関西ジャニーズJr.の西畑大吾さんが決定!
大阪・北区にあるカンテレ本社で開かれた記者会見で、「昨日、“僕、マスコットキャラクターなんや”って知りました(笑)。マスコットぐらいかわいいってことでいいのかなと(笑)。今回初めてカンテレさんのドラマに出演することになり、ジャニーズ事務所に入った14歳の頃からお世話になっていて、どこかで恩返ししたいなと思っていたので機会をもらえてうれしいです」とマスコットキャラクターに任命された心境をコメント。
今回のドラマのテーマも、前回の第3弾に引き続き“スマイル”。大阪といえば、やっぱり“笑い”。環状線各駅を舞台に、“大笑い”から“泣き笑い”まで、恋愛・友情・家族愛など様々な人間ドラマに自然と笑顔がこぼれ、明日の元気がもらえる…。そんなドラマを目指している。
今シリーズは、新今宮駅、大阪駅、森ノ宮駅、西九条駅、鶴橋駅、桜ノ宮駅、野田駅、今宮駅、天満駅の9駅に、特別編を加えた全10話で、1話は30分。
西畑さんが演じるのは、大阪に住む19歳の大学生・水澤つるぎ。天満駅編と特別編で主演し、他の全ての駅でも出演してドラマの世界観を盛り上げる。「つるぎ君は、恋に奥手で今どきの絶食系男子(笑)。僕はこれまで時代物のドラマで基本的に坊主頭の役が多かったので、普通の大学生役はすごく新鮮です」とにっこり。「僕自身、つるぎと似ている部分もあって、僕も絶食かなぁ(笑)。今は絶食ですけど、ロールキャベツでいたい男子(笑)。頼まれたことは忠実にしたいって思うところも似てますね」と自己分析。
関西ジャニーズJr.の中心メンバーで、ナンバーワンの人気で活躍する西畑さん。カンテレのドラマ出演は今回が初めて。ドラマ『大阪環状線』に出演することについて「このドラマがすごく好きやったんで、いつか出たいなと思っていたので。全10話に出させていただくのは、おいしい役ですね(笑)。マスコットキャラクターですからね(笑)。大阪の風景がすごくキレイに映っているドラマなので、そこに注目して見ていただけたらうれしいです」と笑顔でコメント。
天満駅編と特別編は、西畑さんと宇崎竜童さんのW主演。西畑さん演じる水澤つるぎは、宇崎さん演じる元音大教授・神崎周一郎の孫で、祖父に頼まれて、祖父に届いた“差出人のない手紙”の差出人を探している。手紙には、「私はもうじき視力を失います。まだ見えてくれているうちに見たいもの…あなたにとても会いたい」など、祖父への想いが綴られていた。現在、東京に住んでいる祖父は、差出人候補は、学生時代に過ごした大阪でのかつての恋人だとリストを作成し、孫に託していた。その祖父が東京から大阪にやってきて、つるぎと一緒に差出人を探すことに。「じいちゃん、いったい何人恋人おってん?」と、祖父の学生時代の恋人のリストをもとに探す二人。その過程で、祖父の生きざまに触れ、成長していくつるぎ。はたして、二人は、手紙の差出人を見つけることはできるのか…?

宇崎さんとの共演について、「宇崎さんとスタッフさんが温かく包んでくださったからこそ、ありのままの西畑でいられました。感謝しています。ほぼ僕と宇崎さんの掛け合いのシーンは、助け合いでしたね(笑)。僕もセリフが多かったので、宇崎さんがセリフの練習をされていると僕も参加して、僕が練習していると宇崎さんも入って来てくださってと、一緒にやっていた感じです。本当におじいちゃんと孫のような関係性でした(笑)。すごく感情的になるシーンは、僕が予想していた以上に感情的な演技をされていたので、“それに僕も応えないと!”というのがありました。普段は温厚なおじいちゃんが感情的になるそのシーンは、すごく胸に刺さりましたし、グサッときた中にも温かみがあったので、そのシーンは是非見ていただきたいですね!」とコメント。そして、「色んな愛が詰まっているドラマ。家族愛であったり、時を超えた愛であったり。ドラマのタイトルにあるように笑顔に包まれたドラマですね。大阪におっても、“こんな景色見たことないな”とか“こんな下町があるんや”“裏にはこんな素敵なところがあるんやな”とかを見つけることができたので、それだけでも関西の良さが分かると思います!」と見どころをアピールした。
ドラマを観た後には、必ず笑顔になる作品!放送は2018年10月~12月。ぜひ、お楽しみに!

『大阪環状線』 関西ジャニーズJr.西畑大吾さんの記者会見をノーカットでお届け!

Q. ドラマ『大阪環状線Part4 ひと駅ごとのスマイル』で、主演、そしてドラマの“マスコットキャラクター”をつとめます西畑大吾さんの記者会見を始めさせて頂きます。よろしくお願いします。まずは、このドラマの“マスコットキャラクター”に就任された感想をお願いします!

はい(笑)!マスコットキャラクターに就任された…そうですね。あっ!ご挨拶遅くなりました関西ジャニーズJr.の西畑大吾です。よろしくお願いします!短い時間ですけど、よろしくお願いします。実は昨日知りまして(笑)。「僕、マスコットキャラクターなんや」って(笑)。僕のイメージだと、かわいらしい子がストラップとかになるとマスコットキャラクターなんかなって感じだったので。だから…マスコットぐらいかわいいってことでいいのかなって今は捉えています(笑)。でも、やっぱりうれしいですね。こうして初めてカンテレさんのドラマに出演させていただけることになって、それこそ14歳で今の事務所に入ったんですけど、14歳の頃からカンテレさんにはお世話になっていて、どこかで恩返ししたいなと思っていたので、こういう機会をいただけて本当にうれしいです。

Q.大阪環状線が舞台のドラマですが、西畑さんも大阪出身ですが、出演が決まったときの率直な感想はいかがでしたか?

このドラマがすごく好きやったんですよ。セカンドシーズンから見ていて、大阪の街を撮っているドラマってなかなか少なくなってきている中、大阪環状線周辺を撮っていて、しかも単発ものですごく見やすくて、毎週楽しみになるドラマですごい好きだったんです。いつか、ドラマに出たいなという気持ちがすごくあって、今回出演させていただくことになって、本当にうれしかったです。全10話に出させていただくのは、言っちゃうとすごく“おいしい役”だと思います(笑)!マスコットキャラクターですからね(笑)。大阪の風景がすごくきれいに映っているドラマなので、そこに注目して見ていただけたらうれしいです。

Q.今回、西畑さんが演じられる大学生・水澤つるぎくんは、どんな役柄と分析されてますか?すでに撮影が終わった部分もありますが、演じるときに心掛けたことはどんなことがりますか?

それこそ恋に奥手で、今の男子って“絶食系”って言われるじゃないですか。そういうところをちょっとでも引き出せたらなと思いますし、僕とちょっと似ているところもあったりして、年もそこそこ近くて演じやすかったです。監督とお話ししながら作っていけたので、良かったなと思います。

Q.普通の大学生役を演じられるのは、結構珍しいことですよね?

そうですね。僕、時代物のドラマしか出ていないというか(笑)、基本的に坊主頭の役がすごく多いんです。大学生を演じることがあまりなかったので、すごく新鮮でした。

Q. 西畑さんが主演をつとめる回は、ここカンテレがある天満駅編と、そして特別編の2つ分になります。共演は、宇崎竜童さん。撮影は4月末に行われましたが、宇崎さんとの共演はいかがでしたか?

初めて宇崎さんと共演させていただけることになったとき、宇崎さんの顔を思い浮かべて、「あっ、ちょっと怖い人やな」というイメージを持っていました(笑)。コワモテな顔をされているので(笑)。本読みのときは緊張していたんですけど、すごく気さくで優しくて、温かい方だったので、あ~良かったって思いました(笑)。2人でかけ合いのシーンが多かったんですが、宇崎さんが温かく包んでくださったからこそ、僕が現場でもありのままの西畑でいられました。それを作り出してくださったのは宇崎さんをはじめ、カンテレのスタッフさんのみなさんが温かかったおかげです。ありのままの西畑を出せたというか、すごく宇崎さんに感謝しています。

Q. 全10話に出現するつるぎ君。先ほども“おいしい役”とおっしゃってましたが、大阪環状線の色々な駅で撮影している現場にちょこちょこ顔を出していますが、全10話に出演されるのはいかがですか?

やっぱり、大阪におっても「こんな景色見たことないな」とか、「こんな下町があるんや」とか、「こんな抜け道があって裏にはこんなステキなところがあるんやな」とかを発見することができたので。僕がメインじゃない回は、数カットだったりもしますけど、それだけでも関西の良さが分かると思います。大阪環状線の周りだけでもその良さが分かるので、「大阪って本当にもっとステキな街なんやな~」って思いながら撮影させてもらいました。

Q. 今回の水澤つるぎという役柄は、西畑さんとどんなところが似ているなって思いますか?さきほど“絶食系”という言葉が出ましたが、西畑さんは何系男子ですか?

面倒くさがりなところは、ちょっと似ていると思いますね。血液型で分けるのはよくないかもしれませんが、つるぎ君はAB型やと思うんです。僕もAB型なんで(笑)。そういうところが似ているなと思いましたし、頼まれたことは忠実に応えたいというところも似ていると思います。あと…僕、何系やろ?絶食系かな(笑)?でも、ロールキャベツなのかな。どっちかというと絶食寄りの草食なんです(笑)。今は絶食なんですけど、“ロールキャベツでいたい”男子かな(笑)。

Q. 今回のドラマのテーマは「スマイル」ですが、西畑さんにとって、笑顔になれる瞬間はどんなときですか?

やっぱり、ファンの皆さまを笑顔にしているときですかね!ほんまに、それもあって、それこそコンサートとかで…あ、僕、アイドルをしているんですけど(笑)。コンサートでファンの皆さんが笑顔になったり、笑顔でいてくれたりすると、自然と僕も笑顔になれますし、ファンの皆さんと触れ合えるのは、この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。まあ、これはアイドル的な答えですけど。えへへ(笑)。笑顔になれる瞬間…あとはこのドラマと並行して、舞台のお稽古を東京でしているんですね。その舞台でジャニーズWESTの桐山照史君と共演させていただいてるんですけど、照史君が東京なので毎日ごはんに連れて行ってくれるんです。頼れる兄貴な感じで、一緒にいて楽しいですし、全然気をつかわないんで。って…つかった方がいいのかな(笑)。つかった方がいいんですけど、それくらい良い空気感でいてくださって、しかもすごく面白い方なので、そのときが自然と笑顔になれる瞬間ですね。

Q. 今回登場する10駅の中で西畑さんが行かれた駅や、これから行ってみたい駅はありますか?

僕、天満駅がすごく好きなんです。それこそ僕がメインで出演させていただいている駅でもあるし、カンテレさんがある駅でもあるんですが、天満駅の天神橋筋商店街が素晴らしく良くて!大人の年齢になって、大人な飲み物も飲めるようになって、いわゆる飲み屋と言われるところにも連れて行ってもらえるようになって、そこでいろんな方が見られるのは商店街ならではだと思いますし。“関西”っていう感じがすごく好きです。東京にはない雰囲気やなって思います!あと、スカイビルにも撮影で行きましたが、すごくきれいで、大阪も捨てたもんじゃないなと思いました。21年しか生きてない人間ですけど(笑)。「こういう景色も大阪にあるんや」って、「こういう大阪の色もあるんや」ってことが知れたので、スカイビルと天満は僕の中では好きな場所ですね。はい。それこそハタチこえてからは、天満の商店街とか来るようになりましたね。商店街が好きですね。天満界隈がすごい好きです!

Q. 大阪弁の役柄は楽ですか?

大阪弁楽ですね。めちゃめちゃ楽です!ほんまに。今、舞台で稽古しているのが標準語の役なんで、すごい苦労してますけど。切り替えが難しいとかはないですね。こうして会見で喋っているのは関西弁になっているけど、セリフってなると、標準語も言えちゃうんですよね~!(ドヤ顔!!)。言えちゃうんです(笑)!

Q. 環状線の駅でよく利用する駅はありますか?

あっ!天王寺。天王寺駅は学生時代に行っていましたし、今でもよく利用します。天王寺界隈も好きで、学生時代はよくごはんを食べたり、買い物をしたりしていました。でも、あべのハルカスはまだ登ったことがないので、いつか登りたいなって思います。

Q. 今回のドラマの中で苦労した点、いつも以上に頑張った点はありますか?

苦労は…朝早い(笑)!夜遅い(笑)!でも、それは僕だけじゃなくてスタッフさんもなんで、苦労っていうのは全然なかったですね。一つ挙げるなら、セリフがすごく多かったところかな。30分の物語の前編は、9割方僕と宇崎さんのシーンなんですよ。宇崎さんは専門用語がすごく多くて苦労されてましたし、僕はシンプルにセリフが多すぎてびっくりしました。宇崎さんが頑張っているなら、僕も頑張らないとという意識でやっていました。朝も早くて夜も遅かったですけど、そこは全然苦労しなかったです。本当にいい空気感で撮影をさせていただいたので、苦労したところはセリフぐらいですね。はい!

Q. 宇崎さんとの掛け合いがほとんどだと伺いましたが、宇崎さんから何かアドバイスはありましたか?また宇崎さんの演技を見ていて感じたことは?

すごく落ち着いていらっしゃるんですけど、すごく感情的になるシーンでは、僕が予想していた以上に感情的にガッとこられたので、その気持ちに僕もガッと応えなければというのがありました。普段は温厚なおじいちゃんが感情的になるそのシーンは、すごく胸に刺さりました。あまりお芝居を予想するのはよくないんですけど、台本を読んでこうなるのかなと思った予想をはるかに超えたシーンになったので。グサッときた中にも温かみがあったので、そのシーンは是非見ていただきたいですね。感情のぶつけ合いですね。

Q.リハーサル終わりで、どちらかがセリフの練習をしていたら、お互いにセリフ合わせが始まったとかしていましたね!

それこそ助け合いでしたね(笑)。僕もセリフが多かったので、宇崎さんがセリフの練習をされていると、僕も参加して、僕が練習していると宇崎さんも入って来てくださってと、一緒にやっていた感じです。ほんまに、ドラマの設定のように、おじいちゃんと孫のような関係性でした(笑)。実は宇崎さんにもごはんに連れて行ってもらって、僕が好きな家系の焼肉屋さんに連れて行っていただいて会話をしたりして。そういうところでも引っ張って行ってもらいましたね。

Q.最後に「天満駅編」は、おじいちゃん宛の手紙の差出人を探しながらつるぎ君自身も成長していく物語ですが、今回のストーリーの見どころはどんなところですか?

色んな愛が詰まってるなと思いますね。それこそ“家族愛”や“時を超えた愛”など、いろんな愛に包まれたドラマやなってのが第一印象です。このドラマのタイトルの中にも“スマイル”とあるように、すごく笑顔に包まれたドラマだなと思います。クスッと笑えたり、ホロッと泣き笑いするシーンがあったり、いろんな愛と笑いに包まれたドラマやなと思います。それこそ大阪の良さ、「こういう人おるよな」っていう人もいっぱい出てきたりするので、そこにも注目してほしいですね。

Q. このドラマのテーマカラーがオレンジで、西畑さん自身のイメージカラーもオレンジが多いということで、縁を感じます!

ハハハ(笑)。そうなんですよね。オレンジ、好きなんですよね!そういう関りもあって良かったです(笑)。僕が出ている天満駅編も、僕の中で赤とか暖色系の温かいイメージですね。環状線の10話それぞれに青や緑といった違った色があるので、そういうところも注目して見ていただけると楽しいと思います!

ストーリー

過去に放送した作品

大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語

2016年1月~放送

大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語

詳細を見る

大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 Part2

2017年1月~放送

大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 Part2

詳細を見る

大阪環状線 ひと駅ごとのスマイル Part3

2018年1月~放送

大阪環状線 ひと駅ごとのスマイル Part3

詳細を見る

関西テレビ ページトップへ戻る