大阪環状線 -Part3 -  ひと駅ごとのスマイル

寺田町駅編『宇宙のタコヤキ』に出演する朝比奈彩さん、鈴木福さんのコメント到着!

朝比奈彩さん

Q.台本を読まれて、率直な感想をお願いします。

莉奈と聡のやり取りで、フフっと笑いが出るものもあれば、莉奈の恋愛の部分もあって、ほんの30分の中で色んな出来事が繰り広げられているんですね。目まぐるしくストーリーが展開していく勢いみたいなものを、を大事にしたいなと思いました。

Q.役柄の莉奈について、どう思いますか?

すごく似ているなって思います。喜怒哀楽がはっきりしているところとか、思ったことをすぐ口に出してしまうところとか(笑)、自分と似ている部分があるなあと思いますね。

Q.印象的なシーンやセリフはありますか?

関西ならではの掛け合いが面白いですね!その関西ノリを演じられるのがいいですね。

Q.鈴木福さんの印象はいかがですか?

天才だと思います!初めてお会いしましたけど、小さいころから天才子役と言われていたのがわかりますね。私は、まだ演技経験も少ないので、単純に福君にいろいろ教えてもらいました。

Q.JR大阪環状線に思い出はありますか?

淡路島出身なのですが、島から梅田にバスが通っていたんですね。そこから環状線を使って、お買い物に行く、というのが思い出ですね。バス代が、結構学生には高かったので、それほど頻繁に大阪に来ることはできなくて…。お年玉をもらって、それを握りしめて、お買い物に行くというのが一大イベントでしたね。

Q.地上波ドラマ初出演で、初主演かと思います。ドラマの仕事はいかがですか?

芸能のお仕事をしてからずっとモデルのお仕事をしていて、3年経って、初めてドラマのお仕事を始めたのですが、演技って難しいなって思いますね。セリフを完璧に覚えることとかもそうですけど、自分でない人を演じるということの難しさは、やはりモデルと違うなと思いますね。

Q.関西ご出身ということですが、地元でのドラマ撮影はいかがですか?

率直にうれしいですね!環状線ドラマも見させて頂いたこともありますし。関西出身で上京して東京でお仕事を頑張っているというのを、きっと誰かが見てくれていて、今回呼んで頂いているのかなと思いますし、関西の皆さんと一緒に作品を作ることができるというのはうれしいなって思います。

Q.今回のドラマのテーマは、『笑顔(スマイル)』です。一番笑顔になれる瞬間は?

地元の友達とか、関西出身の方と話している時が、一番笑顔になれますね。生まれてから20年間関西のテンポのよい空間にいたので(笑)。ホッとするというか、自然に笑顔が出ますね。

Q.番組のみどころや、視聴者にメッセージをお願いできればと思います。

笑いあり、涙あり…と盛りだくさんです。私が演じる莉奈は、好きな人に会いたい!という強い想いで行動を起こし、聡と出会い、どんどん仲良くなって、お互いの悩みを話しながら、2人で助け合っていくという作品です。30分の中に見応えがたくさんありますので、ぜひ楽しんでください!

鈴木福さん

Q.台本を読まれて、率直な感想をお願いします。

四天王寺とか眼鏡橋とか色々な場所、地名が出てきて、面白いなと思いました。

Q.印象的なシーンやセリフはありますか?

カメがたくさん出てくるところが、印象的です(笑)。あと、“カメ”の関西のイントネーション、カメ↘って下がることに少し驚きました。

Q.朝比奈彩さんの印象は?

優しそうだなと思いました。

Q.JR大阪環状線に思い出はありますか?

遊びに来て、梅田で乗り換える時に乗ったことがあるくらいかな。親戚が、大阪に住んでいるので、年に何回かは来ています。

Q.中学生になられて、はじめての夏休みだと思いますが、いかがでしたか?

夏休みは、部活とお仕事という感じで、プライベートであまり遊んではないですね(笑)。

Q.また、少し影のある役というか、実際の鈴木さんの学校生活とは全く違うような気もしますが?

たしかに、僕の正反対な感じですね。でも、いじめられる役は結構演じたことありますね。

Q.関西弁はいかがですか?過去にも演じたことはありますか?

京都弁を演じたことはありますが、いわゆる大阪弁は初めてです。大阪弁の音源をもらって練習したりしました。あと、親戚が話すのを聞いたりとか…。

Q.今回のドラマのテーマは、『笑顔(スマイル)』です。また、鈴木福さんといえば、笑顔が印象的ですが、一番笑顔になれる瞬間は?

妹とか弟とかと遊んでいる時とか、やっぱり友達と遊んでいる時ですね。
妹、弟はかわいいです。

Q.番組の見どころをお願いします。

寺田町の街の雰囲気がとてもわかるのがおもしろいと思います。あとは、僕の関西弁も頑張りますので(笑)、ぜひ見てください!

ストーリー

関西テレビ ページトップへ戻る