とらぶる?トラベル!2018

12月28日(金)午前9:50~11:25

出演者

桂ざこば
ますだおかだ

放送内容

ますだおかだが、唯一の“師匠”と敬愛する桂ざこばと、今年1年の疲れを癒す旅行へ。
笑いあり、ハプニングありで予測不能な爆笑珍道中を今年もお届け!

今年で5回目を迎える旅の行き先は、香川・こんぴらさん。「こんぴらさん」の愛称で親しまれ、江戸時代から「一生に一度はお参りしたい」と憧れられてきた四国随一のパワースポット金刀比羅宮を目指す。

姫路駅を出発した3人は、ざこば師匠の提案で近くにある桂米朝師匠のお墓参りへ。米朝師匠の思い出にひたりながら、3人は旅の成功をお願いする。
途中に寄った岡山県の人気観光スポット、倉敷・美観地区では、街歩きを楽しむ。宿泊は、こんぴら温泉郷の中心地にある老舗旅館。新鮮な魚介料理に舌鼓をうちながら、いろいろあったこの1年を振り返る。

2日目はいよいよ旅の目的地、こんぴらさんへ!本宮までの785段の階段を3人で登っていく。こんぴら名物の石段かごを利用してみるが…。3人が2019年に向けて祈願したこととは?

笑いあり涙あり!3人の爆笑珍道中をお楽しみに!

桂ざこば&ますだおかだ 収録後コメント

Q. 毎年恒例となっていますが今回のロケの感想は?

増田英彦:今までの中で一番のんびり出来た旅だったかなって思いますね。
今回は姫路駅からスタートだったので新鮮でした。僕は昔行って楽しかった場所にまた行けたのでテンションが上がりました。野球ファンでもなかなか経験したことがない事が経験出来る場所なんで、是非注目してほしいなって思ってます。

桂ざこば:一番最後のこんぴらさんの階段がキツかったです。(笑)
自分で登るのもしんどいけど、自分と年齢の近い人にカゴを担いでもらうのは、かえってツライねん。それやったら、自分でしんどい方がまだええわ。でもロケ前日に嫁さんに「また明日からこの番組のロケ行ってくるわ」言うて、ウキウキしてとにかくずっと嬉しかったです。来年どうなるかもわかりまへんけど、ホンマに来年もまたこの番組ができたら、こんな嬉しい事はないですね。今度ウチの嫁さんと娘や孫も一緒に、この番組みたいにずっとドライブしてどこかに泊まるのもいいなと思いましたね。

岡田圭右:師匠が言ったように、僕も遠足に行くみたいに、前の日からドキドキして眠れないぐらいで。天気が良くて3人で遠足に来てるような感じで。それぞれ皆キャラクターが、私以外のお二人は濃いんで(笑)あっち行ったりこっち行ったりと、僕が引率の先生みたいに、なかなか生徒たちが思うようにいかないんですが、それがこの番組の良いところなんで。
来年もまた大人のこの3人の遠足、行けたら良いなと思いますね。

Q. 開運の旅ということで、こんぴらさんへ行きましたが、階段を上ってみていかがでしたか?どんな願い事をされましたか?

増田英彦:もう年齢も年齢なんでね、もうそんな、よくよくしい願い事なんかはしないですよね。

岡田圭右:そんなん言うて願い事してるとき、長かったん違います?結構長かったよな~。(笑)

増田英彦:去年は那智の滝に行かせていただいて、延命長寿の水を汲んできて、ざこば師匠にも飲んでいただいて。その効果があったのか、更にざこば師匠が元気になってるというんで。また来年この旅を通して、師匠が更にパワーアップするんじゃないかと…心配しております。(笑)

岡田圭右:いや心配じゃない、素晴らしい。

桂ざこば:ちょっとずつちょっとずつですわ。一年経って、皆から元気になったと言うてもらえるんで、ええもんやなぁと思いました。

岡田圭右: この3人で行くと、たわいもない事でもすべてが印象的になるんですよね。と同時に来年、また行けたら良いなと思います。

Q. 今回の『とらぶるトラベル』の見どころは?

増田英彦:多分僕、ざこば師匠が野球やってる姿ってテレビで観た記憶がないので、師匠の野球姿が見どころだと思います。新鮮でビックリしました。ざこば師匠が行きたいって言うて行った米朝師匠のお墓も見てほしいですね。演芸ファンの方も、凄い見どころになると思いますし、僕もやっぱり感動しました。

岡田圭右:本当にいい大人たちが、子供に戻ったようなマイペースな旅になってますんで、そこを観ていただけたら。

桂ざこば:今もう売れっ子のお二人ですからね。もうそこへついて行って、背中をグングン押してもらって進んで行くような感じです。お二人のおかげです。

岡田圭右:師匠と言うカゴを担いでね、我々が。

桂ざこば:そやから、こんぴらさんでカゴに乗ったんやけど、この二人に担いでもらいたかったわ(笑)。 ほんなら楽しかったわ。

岡田圭右:あれは、もうちょっと若手の頃やったら、担いでみようかって思ったでしょうけど、そこそこええ年齢なんでね(笑)。なかなか担ごうという発想がなかったですわ。

増田英彦:でもそんなざこば師匠が一番焦った瞬間は、検問で止められた時(笑)。あの時の師匠の表情、警察との応対は必見ですね。

桂ざこば:あれは凄かったね。

増田英彦:この番組ロケ史上初の出来事でしたね。

関西テレビ ページトップへ戻る