関西のニュース

「ディープフェイク」悪用した「偽アダルト動画」で広告収入…男3人を逮捕 全国初の摘発10月02日 18:08

ディープフェイクと呼ばれる技術を悪用した、偽のアダルト動画。全国で初めての摘発です。

著作権法違反や名誉棄損の疑いで、京都府警などに逮捕されたのは、大分県の無職・野間口功也容疑者(30)ら男3人です。

3人はディープフェイクと呼ばれるAI技術を悪用し、女性タレントの顔を合成した偽のアダルト動画を、インターネットに掲載した疑いなどがもたれています。

ディープフェイクとは、AIを使って、顔の部分を他の動画と合成し、本物と見分けがつかない精巧な偽の動画を作る技術です。

警察によると野間口容疑者は、ディープフェイクで作成した偽のアダルト動画を自身のサイトなどに掲載し、ことし1月から6月まで広告収入など約56万円を得ていたということです。

調べに対し、野間口容疑者は「金儲けのためにやった」と容疑を認めています。

警察によると、ディープフェイクの偽動画の摘発は、全国で初めてだということです。

この記事をシェアする

最新のニュース

関西のニュース一覧

関西テレビ ページトップへ戻る