関西のニュース

【速報】強盗殺人事件 血を流しうつ伏せで倒れた状態で発見された商店経営者 頭に外傷あり07月10日 21:11

10日朝、和歌山県海南市で商店を経営する男性が血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された事件で、警察は強盗殺人事件として捜査本部を設置しました。 午前8時半ごろ、和歌山県海南市下津町上の商店で66歳の男性が倒れているのを出勤した従業員が発見しました。 警察によると、男性はこの店を経営する大道正富さん(66)で、うつ伏せの状態で血を流して倒れていて、病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。 大道さんは頭に外傷があったということで、警察は強盗殺人事件として海南警察署に捜査本部を設置しました。

この記事をシェアする

最新のニュース

関西のニュース一覧