関西のニュース

大学教授が「算数の解説動画」を小学生に無料配信…これまでに1000本以上 自宅学習を支援05月04日 20:12

新型コロナウイルスの影響で学校が休校になった際に小学生の自宅での学習をサポートしようと、京都の大学教授が、算数の解説付き動画を無料で配信しています。

【京都教育大学教育学部・黒田恭史教授】
「みなさん、こんにちは。今回の学習はこちら、球について知ろうです」

自宅で算数の解説動画を撮影するのは、京都教育大学の黒田恭史教授です。

去年、新型コロナの影響で全国の学校が休校になった際に、小学生の子を持つ母親から「まだ習っていない内容のプリント課題が出るけど、子どもへの教え方が分からない」という相談を受けたことをきっかけに、ホームページを開設して算数の動画を配信しています。

動画は5月4日現在約1100本あり、小学1年生から6年生の算数の内容別にまとめられています。

【京都教育大学教育学部・黒田恭史教授】
「何らかの形でやっぱりサポートをしていくっていうことを日本全体としてやっていかないと、子どもたちに大きなしわ寄せがいくんじゃないかなと思っています」

黒田教授は、家庭にある身近なものを教材として使います。

【京都教育大学教育学部・黒田恭史教授】(たまねぎを切りながら)
「このど真ん中のところが球の中心となります」

【京都教育大学教育学部・黒田恭史教授】
「自宅でずっと学習するとドリルの学習ばかりになってしまうので、自分で実際に何か試してみるとか、そういったことができるように心がけて動画は作るようにしています」

教授のもとには、全国各地の小学生などから、メールが届いています。

【千葉県の小学6年生からのメール】
「休校だったのに”対称な図形”や”文字と式”などで100点がとれました」

【福岡県の小学生の母親からのメール】
「娘は、心疾患をかかえているため、学校を再開した今も自主休校中です。先生の動画を見たあと、ドリルや問題集に取り組んでいます。教科書に沿ってあるので、親の私も安心しています」

去年、授業で黒田教授の動画を活用した愛知県名古屋市の小学校の教師は、家庭でのプリント学習では得ることができない力が身につくと話します。

【名古屋市立小学校・坂ユカリ先生】
「(家庭では)学校で身につくような考え方や考える力、見通しを持って問題を解いていくっていう力は、どうしてもなかなか身につけられませんでしたっていうお話をされているお母さんがいました。黒田先生の動画は、授業にあった形で作ってありますので、授業でつけるような力がつくと思います」

黒田教授は、今年8月までに、小学生の全学年の算数の授業を補う動画を配信する予定です。

この記事をシェアする

最新のニュース

関西のニュース一覧