関西のニュース

「同僚と別々に働きたかった」放火の疑いで19歳の少年逮捕  大阪・此花区 物流倉庫大規模火災01月15日 07:48

去年11月、大阪市此花区の物流倉庫で起きた火災で、19歳の少年が放火の疑いで逮捕されました。
少年は「同僚と別々に働きたかった」などと話しています。

逮捕された派遣社員の19歳の少年は、去年11月、此花区の物流会社「日立物流西日本」の倉庫で、勤務中に段ボールに火をつけ、倉庫の7割以上に及ぶ、およそ4万平方メートルを焼損させた放火の疑いがもたれています。

警察によると14日午前、西淀川区にある同じ物流会社の営業所で火事があり、警察が従業員らに任意同行を求めたところ、少年が2つの火事について放火を認める供述をしたことから逮捕に至ったということです。

調べに対し、少年は「ライターで火をつけた。同僚から暴力を受け、別々に働かせて欲しかったから火をつけた」などと話し、容疑を認めています。

この記事をシェアする

最新のニュース

関西のニュース一覧