2月7日(日)

内容

「村マヨの3人が男を磨くためにツッコみまくる!」をコンセプトとしたトークバラエティー!
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
企画は、「第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ」。
これまでの放送では、吉田の「中学時代の恋」、「高校時代の恋」、そして、前回は俳優・袴田吉彦の「初恋の人との再会」のエピソードをもとに、ストリートミュージシャンに”恋歌”を作ってもらった。第4弾となる今回のお題は、小杉の恋愛エピソード。優勝すると期間限定で番組のエンディング曲として採用される。

中学時代にモテない男子たちを集めて、1人50円ずつ小銭を持ち寄ってエロ本を購入する「エロ本同好会」を結成。そのエロ本は最終的に小杉のもとへ返ってくるため、数年で大量にたまってしまった。どうやって処分しようか悩んだ結果、家の裏の畑で燃やしてしまおうと考え火をつけたが、思ったように燃えてくれない。中身が風に飛ばされ、畑に舞い散る様子を見て、怖くなり走って逃げたという思い出。生身の女性が登場しない難易度の高い恋愛エピソード。
応募総数55組の中から、一次審査を通過した「岩田耀介」、「東京じゃけん」、「上野友梨奈」、「かさまね」、「milco」、「香焼志保」、「荒木林太郎」の7組が“恋歌”を披露!
ロック、ポップス、ラップ、テクノ、弾き語りなど、さまざまな音楽スタイルで、小杉の青春時代の思い出を見事に歌い上げる!

“恋歌”を聴いた審査員・小杉のまさかの反応に、吉田が放った意外な言葉とは?

村マヨの3人がツッコみまくりの30分をお楽しみに!
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
第4回 ストリートミュージシャン恋歌グランプリ
小杉竜一 吉田敬(ブラックマヨネーズ)