桃色つるべ

毎週金曜 深夜1:25~1:55

2月10日(火)放送:取材レポート

記者プロフィール

杭 葉月(40)

杭 葉月(40)

奈良県在住 主婦

「あーりんも反抗期?」

今回私の大好きなももクロちゃんと鶴瓶さんに聞きたかったのは、私の高校1年生の娘のことについてです。
娘は反抗期なのか何なのか、急に不機嫌になることがあります。「あれ?さっきまで笑ってなかった?なんで?」ということが多々あり、悩んでいました。
そこで娘とは歳が近いももクロちゃんに
『ももクロちゃんにも反抗期はありましたか?』というテーマでインタビューしました。

するといきなり「反抗期と言えばあーりん?」ということで、あーりんが目の前で『あーりんは反抗期』を披露してくれました!
びっくりしてしまいましたが、間近で生歌が聞けて大感激でした。

そして話は本題へ。
鶴瓶さんいわく、「女の人は意味もわからず急に怒るもの」だとか(笑)
私も旦那に似たようなことを言われてしまうことがあります。自分ではそんなつもりはないんですが、女性特有のものなのでしょうか?
娘の機嫌がふいに悪くなった時は家の中の空気も悪くなるし、いつでも笑っていたい私はそれに対して少しイラっとすることも。
でも人それぞれ感情の浮き沈みがあって当然だし、れにちゃんやしおりんが言っていたように、「家族だから気を遣うことなく甘えたり自分の感情を出したりするのかな?」と思いました。

家族以上に一緒にいる時間の長いももクロちゃんたちは、お互いの空気や成長を自然と感じ取ることができるそうです。とてもいい距離感の5人。ホントに素敵なグループです!
娘にもこんな仲間ができてくれるといいな。そんなももクロちゃんを育ててきた親御さんの話も聞いてみたいですね。

一番印象に残ったのは鶴瓶さんの「親子の関係は短いよ」という言葉です。それを聞いたときには少し切なくなってしまいました。
急に不機嫌になる娘にイラっときたり、気を遣ったり、そんなことも今だけ。成長するっていうことはつまり、自分のことは自分で決めたり、親の手がいらなくなるということ。それはそれで楽にはなるんだろうけど、さみしいな…子育ての時間って短いんだなあ…。だからこそ「今は子育てを楽しんでいこう!」と思いました。
そのうち来るであろう中学1年生の息子の反抗期にもどっしり構えて楽しみます!

ちなみに『あーりんは反抗期』の歌詞にもあるように、ママが厳しいあーりんも「高校生になったころ少し自由な時間が出来て、その時がちょうど反抗期だった」そうです。
でも「反抗しながらもやっぱりママが怖いから、門限までには帰っていた」そうです(笑)反抗って言っても可愛いもんですね。うちの娘も、たとえ不機嫌でも「いただきます」「ごちそうさま」「いってきます」の挨拶をちゃんとするところは、「可愛いやつめ!」って思います(笑)

大好きな6人を前にして緊張しまくりの私に、ずっと微笑みながら見つめ続けてくれたかなこちゃんの優しいまなざしにはやられてしまいました!
最後にれにちゃんに迫られて早くも2015年最大のピークを迎えました!(笑)
鶴瓶さん、ももクロちゃん、ホントにホントに素敵な時間をありがとうございました!
扉から帰るときは名残惜しかったです(笑)

関西テレビ ページトップへ戻る