猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~

毎週木曜 深夜0:55~1:25
全8話(関西ローカル)

ストーリー

第3話 11月7日(木)「生き物としゃべれる喪女」

西大阪出版に勤める猪又進(森田哲矢)は、処女作が大ヒットし人気急上昇中の若手女流作家・アカリ(岡崎紗絵)の編集担当を任され、一度も彼氏ができたことがない、男性を苦手とする女性を意味する「喪女(もじょ)」をテーマに連載をスタートさせた。しかしアカリは、飼っているペットのラビ太の体調不良を理由に、またも執筆を放棄しようとする。

猪又は、街で偶然出会った神宮寺紫音(東野絢香)を思い出し、アカリを会わせることに。紫音は「生き物たちの声が聞こえる」という生き物コミュニケーター。ラビ太の声も聞こえるという。しかし、人とは目を見て話すことができない喪女だった。

「サングラスをかければ人と話せるようになるかもしれない」というアカリのアイデアをもとに、猪又と紫音は動物園に出かけることに。紫音がなぜ生き物としゃべれるようになったのか猪又が尋ねると、紫音はおもむろに自身の過去を語り出す。それは…

キャスト

神宮寺 紫音 東野絢香
小野田 静恵 宮本時代

関西テレビ ページトップへ戻る