ストーリー

第20作 銀次郎の愛した味を守れ!
萬田銀次郎(千原ジュニア)は大阪ミナミの金貸し。ある日、銀次郎は顧客の円広志(円広志)から借金を回収するためテレビ局へ。“トイチ”と呼ばれる10日で一割の法外な利息の支払いを迫る姿を、スタジオに居合わせた人気経済学者・川上徹(東幹久)が忌々しげに見つめていた。
そんな銀次郎にあえて利息を払い続ける客がいた。それは、亡き父から受け継いだレストラン「ビストロバンブー」を営む竹田花男(駿河太郎)と妻の杏子(小島藤子)。利息を回収するため、10日ごとに来店しては花男の料理をおいしそうに味わう銀次郎の存在を張り合いに、二人三脚で店を切り盛りする夫婦を結びつけたのは銀次郎の弟分・坂上竜一(大東駿介)だった。
3年前、竜一に連れられて初めて「ビストロバンブー」を訪れた杏子は、花男の作る料理に惚れ込み、人生をかけてサポートさせてほしいとプロポーズ。2人は結婚し、花男は傾きかけていた店の経営を杏子に託した。しかし、花男の亡父の後妻・光子(羽野晶紀)、その息子で義母弟の晃(田中尚樹)は店が乗っ取られると猛反発。杏子のある秘密を暴いて追い出しにかかるが、このことが夫婦の絆を却って深めていく。
その後、杏子の商才で店は繁盛し、押しも押されぬ人気店に。だがまもなく、未曾有のパンデミックが世界を襲い、ミナミの街も大きな打撃を受けるーー。
数年後、なんとか危機を乗り越え、以前のにぎわいを取り戻した「ビストロバンブー」。ところが、突然の閉店に追い込まれ、花男と杏子は途方に暮れる。不動産投資詐欺に引っかかったのだ。心労がたたった花男は倒れてしまう…。
ミナミで多くの店主たちが同じ被害に遭う。このことを知った銀次郎は裏社会の大物・沢木英雄(赤井英和)と手を組み、黒幕の鼻を明かす大勝負に打って出る!