主題歌がINNOSENT in FORMALの書き下ろし曲に決定!

このドラマの主題歌が、INNOSENT in FORMALによる書き下ろし楽曲「money money money」に決定した。
INNOSENT in FORMAL
INNOSENT in FORMALは、ヒップホップ、ロック、エレクトロニックなどさまざまな要素を取り入れたストリート色の強いサウンドと“NEO・ミクスチャーロックバンド”として今注目を集める4人組バンド。今回彼らにとって初のドラマタイアップ曲となった「money money money」は、文字通りカネと欲望がテーマのこのドラマにインスパイアされて書き下ろされたロックナンバーで、ドラマ放送後の23日(水)に配信リリースされる。
money money money
さらに、ボーカルのぽおるすみすとベースのKuni the ripperのドラマ本編へのカメオ出演が実現!主題歌だけではなく、そちらにもご注目いただきたい。あわせて、カンテレ公式YouTubeでは、この主題歌音源を使用した15秒の予告映像や、登場人物たちの鬼気迫るシーンをまとめたWEB限定の1分予告映像を解禁。22日(火)の放送を前に、ぜひご覧いただきたい。
発表に際して、ぽおるすみすからのコメントも到着した。

ぽおるすみす(INNOSENT in FORMAL Vo.)コメント

2021年○月X日 午前0時27分頃 都内某所 雑居ビル 音楽スタジオ 入り口前にある喫煙所にてバンドのメンバーと雑談。会話の文脈ど忘れ。Ba. Kuni the ripper が呟く。
「新・ミナミの帝王 主題歌やりたいよね。」
数日後、マネージャーからの電話が鳴る。
「新・ミナミの帝王の主題歌をやることになったからよろしく!」
携帯をポケットにしまい頭上を見上げる。
「言霊ねぇ…。」

前置きが長くなりましたが、上記のような流れから「新・ミナミの帝王」という広く長く愛されている作品の主題歌を担当させて頂くことになりました。
今回の楽曲は、主人公である萬田銀次郎の圧倒的な帝王感とお金に翻弄される人たちの様子や心情などを意識して制作しました。タイトルに関しては、大事なことは3回言うべきとの思いから「money money money」と付けさせていただきました。
「新・ミナミの帝王」と同様に聴き終わった後にスカッとしていただければ幸いです。