さんまのまんま 春SP

カンテレ / フジテレビ系 全国ネット放送!

4月27日(金)午後7:57~9:55
さんまのまんま春SP
※一部地域は 午後9時49分までの放送です。

出演者

明石家さんま

ゲスト

樹木希林、米倉涼子、浅田舞、浅田真央、中尾明慶、玉山鉄二、ジミー大西、
濱田祐太郎、レイザーラモン

内容

お笑い怪獣・明石家さんまが、超豪華ゲストと笑いの渦を巻き起こす!

米倉涼子と思い出話で大盛り上がり!

最初に登場したのは、7年ぶりのゲストとなる米倉涼子。大ヒットドラマで主演を張る米倉を、「昔は“米倉”って呼んでいましたけど、“米倉さん”どうぞ!」と迎えるさんま。米倉が粗相してしまった際にも「大女優さんですから…」と言って終始持ち上げる。
過去にさんまの冠番組などに多数出演していたため、さんまとは長い付き合いの米倉だが、さんまについて“一番緊張する大先輩”と表現する。二人が同じ番組に出演していた当時を振り返り、「芸人体質みたいになっちゃって…」と、笑いに厳しいさんまからプレッシャーを感じていたと明かす。
思い出話に花を咲かせる二人。そんな中、ひょんなことからお互いのギャラについて話が及ぶ。自身のギャラを知らないという米倉は、さんまから収入を聞き出そうとし…。「言えない!」と拒否するさんまに、引き下がらない米倉。いったいどうなる?

浅田姉妹が初登場! 初共演の真央に、さんまメロメロ!

そこへ登場したのは、フィギュアスケートの浅田舞・真央姉妹。国民的スター・浅田真央に「ドキドキしながら、今日を迎えた」と、デレデレのさんま。しかし、フィギュアスケートの大ファンの米倉と、面識のある真央、さらには米倉に憧れて髪を短く切ったほど米倉のファンという舞の3人がさんまそっちのけで盛り上がりを見せ、さんまが飲み物をこぼしたことにも気がつかないため、さすがの“お笑い怪獣”もちょっぴり嫉妬してしまう。
フィギュアスケーターとして長く活躍を続け、ちょうど1年前に現役引退を表明した真央を、「あなたが一番かわいそうだと思う。プレッシャーの中で生きていた」と労わるさんま。「スケートを好きでやっていましたので…」と謙遜する真央に、「えらい!」と、さんまはさらにメロメロになっていく。
今年28歳になるという真央は、「アラサーです!」とニッコリ。その活躍を見てきたさんまは、真央の年齢に驚きつつも、お年頃の真央に対し「俺と結婚したら、幸せに暮らせるのに!」と、自身を猛アピール。そんなさんまに、姉の舞が「さんまさんみたいな、年齢を重ねた男性とゆっくり余生を楽しんでほしい!」と言い出したことから、さんまも大乗り気に。「真央ちゃんなら、俺の財産あげるから! その後、若い素敵な人と再婚したらええやん!」とまで言い出す。浅田姉妹が猛アタックをかわそうとする中、さんまからとんでもない提案が飛び出し、真央は困惑! いったいその内容とは?
このほか、真央が「一度やってみたかった!」という、“たたいて、かぶって、ジャンケンポン!”ゲームで、さんまと対決! その結果やいかに?

“超”マイペースな樹木希林に、さんまタジタジ!

続いて登場したのは、ベテラン女優・樹木希林。「もう(番組に)出ないって言っていましたよね?」と聞くさんまを、「忘れちゃったの~」と軽~くかわす。そんな樹木は、梅干し入りのカップを差し出しながら「お湯ください」と言って一人で飲みだすなど、相変わらずのマイペースぶりを発揮する。
現在75歳の樹木。先日パスポートを更新しに行った際、10年前のパスポート写真と全く同じ洋服を着ていた自分に驚いたという。「お金もあるんですから…」と、新しい服を買うことを提案するさんまをよそに、おもむろに私物の財布を取りだした樹木。「いくらでしょう?」という質問の結末とは?
また最近出演した映画で、画家の妻役を演じたことで、「夫を尊敬することで、夫が力を増すということが分かった」と明かす。そんな樹木から「お宅はどうでしたか?」と、核心をつく質問が! 果たして、さんまはどう答える?

「R-1ぐらんぷり」覇者の濱田祐太郎が、優勝後の私生活について大胆告白!

そこへ合流したのは、濱田祐太郎。先月開催された、日本一のひとり芸を決める大会「R-1ぐらんぷり」において、目に障害がありながらも優勝し、一躍注目を集めた。その濱田が、自身の目の不自由さをネタにした漫談を披露。ジッと聞き入る樹木は、漫談を終えた濱田に「存在そのものがあるから…」と、あるアドバイスを送る。濱田が「こんないいアドバイスを初めていただきました!」と感激した、その内容とは?
また、“相手の顔を触って、どんな顔か自分で再現できる”という特技があると話す濱田。そこで、さんまは自身の顔を濱田に触らせて、顔を表現してもらうことに。さらに、濱田は「R-1ぐらんぷり」優勝後の私生活についても大胆告白!

あの騒動に巻き込まれた俳優・中尾明慶が、ウラ話を激白!

中尾明慶と玉山鉄二の俳優コンビ、そして、ジミー大西がそろって登場。さんま自らがプロデュースを手掛け、ジミーとの出会いなどを描いたドラマに出演した、中尾と玉山。ジミーを演じた中尾と、さんまを演じた玉山からは、撮影中のさんまとのエピソードが次々と明かされる。「やりにくかったと思う」と、玉山を労うさんまに「正直に言ってもいいですか…?」と、玉山が本音を告白する場面も。
実はこのドラマ、一度撮影した後に、事情があってキャストを玉山に交代して撮影しなおした。前作のお蔵入りが決まった後、さんまとジミーは中尾を慰める残念会を催したというが、中尾いわく“ちっとも慰められる会ではなかった”という。いったいどんな会だったのか?

この春も、爆笑の夜をお約束します!

関西テレビ ページトップへ戻る