Topicsトピックス

27日(火)放送の第3話は、“器が小さい男”鹿太郎(角田晃広)のクローズアップ回。元々はゴシップカメラマンだった鹿太郎が、取材目的で入った社交ダンス教室で出会ったとわ子(松たか子)の人柄にひかれ、結婚するまでのロマンティックな思い出や、その後、離婚にいたったほろ苦い理由が明らかになりました。物語の終盤では、とわ子が慣れない社長業に悩んでいることを知った鹿太郎が、大きな花束を抱えて会社で一人たたずむとわ子の元へ。社員に言えない愚痴や弱音を聞きながら優しく励ました鹿太郎は、「ご一緒にいかがですか?」と、とわ子を気分転換に久しぶりのダンスに誘います。とわ子は戸惑いながらも鹿太郎の手を取り、会社のデスクや書類にぶつかりながらダンスに興じ、いつしか2人がいる場所はダンスホールに変わり・・・。ドレスとスーツを身に包んだ2人は、現実を忘れるかのように優雅に踊るのでした。

1分に及ぶとわ子と鹿太郎のダンスシーンをはじめ、離婚してもなお、とわ子のことを真っすぐに思い続ける鹿太郎のピュアな魅力に視聴者から感動の声が続出。さらに、エンディングではNENEと共にラップを披露した主題歌「Presence III (feat. NENE, 角田晃広)」による驚きが重なり、放送直後から「角ちゃん」「角田晃広」がTwitterトレンドワード入りするなど、大きな反響を呼びました。

第3話のダンスシーンについて角田さんは、「松さんに向かって『ご一緒にいかがですか?』とダンスを誘う場面。不安もありつつ、松さんのかわいさに気持ちを乗せられて演じたんですけど、撮影後に松さんから『すっごい良い顔してましたよ』って冷やかし半分で言われまして、あれは恥ずかしかったですね(笑)」と、ロマンティックな場面の撮影を終えた松からの“イジリ”を笑顔で明かすと共に、「これまで女性相手の芝居は(同じ東京03の)豊本さんの“豊美”としかやったことないから、途中で『あれ?松たか子だ』って我に返りました(笑)。しっかりダンスの練習をしてたのでなんとかやれました」と振り返りました。

回を重ねるごとに、次第に元夫たちの知られざる一面が明らかになっていく今作品。鹿太郎と言い争いが絶えない三番目の元夫・慎森(岡田将生)については、「慎森はカワイイですよね。元夫だから最初は突っかかってくるところもありましたけど、回を重ねるごとに3人で集まったり、仲良くなっていって。それに第2話見たら、視聴者目線で「慎森…」って泣けてきちゃった。“自分から幸せを捨てた”っていう後悔ね…あれはやばかった。次会ったら慎森と仲良くしてあげようと思っちゃったから、2話明けの撮影は優しくしちゃったかもしれません(笑)」と語った角田さんは、一番目の元夫・八作(松田龍平)については、「八作は、クールでしゃべらないし、ポロっと言ったことが女性の気持ちに引っかかる。雰囲気も含めて、典型的なモテるタイプの男ですよね。あんなオシャレなお店を開いてるし、あの男は憧れますよ!」と、慎森とは違った憧れを明かしました。
そんな「モテ方が自然現象」と称される八作ですが、5月4日(火)放送の第4話では、親友・俊朗(岡田義徳)の彼女・早良(石橋静河)からのアプローチに頭を悩ませることに…。なんとか早良から嫌われるために試行錯誤しますが、早良の行動はより大胆になっていきます。