Topics/トピックス

第4話の見どころ
大女将の病因を突き止めるため、
綾香は大女将が入所する老人ホームへ!
綾香・宮部の車中シーンの撮影秘話を公開!

2016.11.1

第四話の患者は、若年性認知症と診断されている老舗料亭の大女将。でも、志帆(吉田 羊)は、それ以外の病気も案じて調査を開始します。

そして志帆は、例のごとく、研修医の綾香(吉岡里帆)を現場調査に放ちます。
……ところが!予想外の展開が勃発!?

志帆が綾香に向かわせるのは、大女将が世間に秘密で入所している特別養護老人ホーム。綾香をお姫様のごとく慕う製薬会社のMR宮部(庄野崎 謙)が送り届けるのですが、その営業車の中で、綾香は宮部に「付き合ってください」と爆弾告白。宮部は「えぇ!?」とびっくり仰天!

志帆の指令を無視して2人は老人ホームでデート? まさか、そんなはずは……!?

車中のシーンというものは、ドラマによく出て来ますが、至近距離の会話をどうやって撮影するかというと、こんな感じです。

カメラを車内に突っ込んで、役者さんの顔の前まで接近。役者さんはカメラに向かって演技しますが、テンポのいいセリフ劇を一人で言うのは難しいもの。カメラの後ろから相手役がセリフを受け、臨場感そのままに演技を続けるのです。

このシーンのポイントは、宮部役の庄野崎さんのリアクション。監督は「興奮していいんだよ!テンション上げていって!」と、早朝ロケにも関わらず庄野崎さんをあおりました。どんどんエンジンがかかって声が裏返るほど驚く宮部。「私と宮部さんのシーンは、宮部さんの可愛らしさが見える場面です」と吉岡さんもインタビューで言っていた通り、かわいそうなほど(!?)純粋に綾香に恋する宮部像の象徴となりました。

綾香は志帆のいいつけ通りにいつも動かざるを得ませんが、そんな綾香の言いなりになるのが宮部、というわけ。“志帆⇒綾香⇒宮部”のおもしろい構図が浮かび上がります。

さて、第四話で、綾香と宮部は、大女将の症状に若年性認知症以外の原因を怪しむ志帆の指令を受け、大女将を営業車に乗せて病院に連れて行きます。
デートではなかったんですね……、宮部、残念!

しかし、この行動が発端となり、志帆はある危機に追い込まれることになります。
志帆の大胆な解析行動を、第四話も見届けてください!

Backnumber/バックナンバー

Backnumber/バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る