Topics/トピックス

大活躍のレディ・ダ・ヴィンチたちがクランクアップ
がんばったぶんだけ達成感も実りも大きい!

2016.12.12

懸命に走り続けてきたドラマの現場がいよいよクランクアップ!

志帆を演じた吉田 羊さんの最後の撮影は、セリフのない短いシーンでした。テストと本番を数回繰り返すと終わってしまいます。と、最終カットでスタンバイに時間がかかり、予定外の待ち時間が少しできてしまいました。「羊さんをアップさせたくないからじゃない?」とあるスタッフが言うと、吉田さんも「ふふふ」と柔らかな笑みに。本当に大変な苦労の撮影が多かったドラマでしたが、終わるとなると、吉田さん本人もスタッフも同じように淋しく感じるものです。

待ち時間が終わり、ラストカットの本番一回でオールアップ。宮部を演じた庄野崎謙さんは「近くを通ったので(笑)」と見え透いた嘘で駆け付けてきてくれました。気づいた吉田さんは、「あれ~、ひまなの?(笑)」と、しんみりしかけた空気に優しい笑いを誘います。さらに、「あまり絡めなかったけど“だわっちょお”最高でした!」と、第三話の宮部のセリフをいじりました!

吉田 羊さんのコメント

3カ月間ありがとうございました。座長と呼ぶにはあまりにも未熟でマイペースでしたけど、マイペースで居ることを許してくださった皆様のおかげだと、本当に心から感謝しております。毎日撮影が楽しかったですし、志帆さんでいられることが幸せでした。皆さんの愛に支えられ、許されて、こうして完走することができました。ドラマの現場はスタッフの入れ替わりも激しく、最後は知らない人ばかりかも?と思いましたが(笑)、ほぼスターティングメンバーで終われたこともよかったです!

葉子を演じた伊藤 蘭さんのラストシーンは、第八話の『お助けドクターSOS』の撮影現場でした。この回は志帆不在のため、葉子と夏海(笛木優子)が中心的な役目を果たしました。

伊藤 蘭さんのコメント

スリル満点の日々でした。特にこの八話は私にとって難しいところも多かったですが、監督が導いてくださいました。皆さん、3カ月間、お世話になりました!

名残惜しさたっぷり。「本当に大好きな現場でした。(『レディ・ダ・ヴィンチの診断』の)パートIIも期待しています!」とは笛木さん。7人の美しき女医たちに再会できる日がまた来るかも!?楽しみにしたいですね!

Backnumber/バックナンバー

Backnumber/バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る