関西テレビ放送株式会社

関西テレビ 倫理・行動憲章

不祥事の防止と危機管理

私たちは、業務を行うにあたってそのリスクを正しくとらえ、排除、回避、縮小するなど適切に対処します。

私たちは、自らの権限と職責を明らかにし、業務において重要な事項を決して独断せず、協議の上で行動します。

私たちは、業務における必要な情報を適切に識別、把握し、社内外の情報を必要とする者すべてに正しく伝達します。

私たちは、職責に基づいて、常に自らの業務を点検します。また、経営者、取締役会、監査役、内部監査担当が独立した立場で業務を点検できるようにします。点検の結果、問題が明らかになれば、適切に改善します。

私たちは、社の財産および業務上の権限や地位を私的な目的のために利用しません。

私たちは、業務に関する費用を支出する際には、社内規程に則り、適正かつ誠実に処理します。

私たちは、競業行為や利益相反行為など、社の利益に反して、自己または第三者の利益を図り、社に損害を与える行為は行いません。

私たちは、業務において法令違反などの不正行為を知ったときは、職制を通じて、もしくは内部通報制度によって速やかに通報します。内部通報者に対しては、秘密を厳守し、通報を理由とする不利益な取扱いは一切行いません。

私たちは、法令違反などの不正行為が発生したときは、迅速かつ正確な調査により原因究明と再発防止に努めます。また、迅速で的確な情報の公開により説明責任を果たし、不正行為には厳正に対処します。

関西テレビ ページトップへ戻る