関西テレビ放送株式会社

  1. サイトマップ
序章
  • 資料(1)制作工程管理のチェックポイント
    • (1)制作体制の確認
    • (2)企画・リサーチ段階
    • (3)収録・ロケ・取材段階
    • (4)素材編集・オフラインチェック・本編集・MA段階
    • (5)完パケ・納品時
    • (6)放送前の対応
    • (7)放送後の対応
  • 資料(2)関西テレビ放送 コンプライアンス・考査体制
    • (1)コンプライアンス・考査体制の強化のため各局に
         「コンプライアンス責任者」を配置する
    • (2)コンテンツの制作に関わる職場においては、
         「コンプライアンス・放送倫理担当」を配置する
    • (3)放送倫理会議
第1章
  • (1)実現の可能性を調査する
  • (2)主なチェックポイント
  • (3)番組企画者および制作報告書への「情報の正確性確保の方法」の記載
  • (4)番組監修者の充実と強化
  • (5)企画提供から着手申請へ‥‥必要な社内手続きの確認
  • (6)制作フローの確認、スタッフ担当の役割と責任の確認
  •    資料:関西テレビ制作責任担当表(例)
第2章
  • 1.事前取材・リサーチ
    • (1)インターネットの便利さと危険性
    • (2)雑誌などのネタには怪しい噂・伝聞も含まれる
    • (3)リサーチまかせにしない
    • (4)安全は何重にも確認する
    • (5)科学番組ということに限定されるわけではない!
  • 2.企画構成会議
    • (1)コーナー企画、ディレクターの第一歩
    • (2)事件は会議室でも起こる
  • 6.ロケ取材
    • (1)取材対象者とのトラブル
    • (2)ロケ中の事故
    • (3)ロケでの苦情
    • (4)ロケ内容の問題
    • (5)道交法とロケ
    • (6)電場法とロケ
    • (7)再現VTRで問題
    • (8)街頭取材・街頭インタビューでの問題
    • (9)神社・仏閣でのロケ
  • 8.スタジオ収録
    • (1)トーク内容が名誉毀損に
    • (2)資料映像
    • (3)お笑いネタ
    • (4)観客
  • 13.演出
    • (1)まず自分の演出プランを
    • (2)「演出家」と「ディレクター」は違う?
    • (3)スタッフの名前を覚えよう〜番組は団体作業
    • (4)アシスタント・ディレクターの目指すもの
第3章
  • 1.報道取材
    • (1)取材の基本
    • (2)人権・名誉毀損
    • (3)取材のマナー
    • (4)災害報道
    • (5)政治・選挙報道
    • (6)裁判員裁判の報道
    • (7)スポーツ取材
  • 3.加害者・容疑者取材
    • (1)基本姿勢〜推定無罪
    • (2)整理された報道
    • (3)容疑者の供述・弁明
    • (4)誤報、そのとき
    • (5)無罪・不起訴
  • 4.実名か 匿名か
    • (1)少年事件
    • (2)精神障害者
    • (3)性犯罪被害者
    • (4)詐欺等の被害者
    • (5)自殺
    • (6)公人
    • (7)任意捜査・書類送検
    • (8)無罪判決
    • (9)感染症
    • (10)「匿名希望」の取り扱い
  • 5.問題となる取材
    • (1)集団的加熱取材(メディアスクラム)
    • (2)身分を隠しての取材
    • (3)電話・インターホン取材
    • (4)隠し撮り・隠しマイク
    • (5)謝礼の授受
    • (6)建物内・公道上での取材
    • (7)子どもへの取材
  • 6.個人情報
    • (1)情報の入手
    • (2)情報の保護
    • (3)流用の禁止
    • (4)情報の処分
第4章
  • 1.科学的知識の表現
    • (1)科学的に完全に実証されていない薬事効果、医療効果
    • (2)迷信、予言、霊感、占い(血液型を含む)など
  • 2.特殊効果と処理
    • (1)モザイク・ぼかし
    • (2)サブリミナル
    • (3)パカパカ
    • (4)字幕スーパー
    • (5)ボイスオーバー
    • (6)編集による加工
    • (7)音声の加工など
第5章
  • 1.著作権をめぐって
    • (1)基本となる考え方
    • (2)権利処理(権利者に許諾を取ること)について
    • (3)許諾の必要がない場合〜例外はどんな場合か
    • (4)番組著作権の帰属と利用範囲
  • 3.報道に関わる権利処理
    • (1)自ら取材した物は「原則」自由に使える
    • (2)制作会社に依頼した物
    • (3)他人の取材したものや著作物は勝手に使えない
    • (4)視聴者提供映像
    • (5)ニュース映像の二次利用
第6章
第7章
  • 1.「クレーム」は価値ある「資源」
    • (1)初期対応の大切さ
    • (2)生放送中に抗議がきた!
    • (3)対応策のアップデート
    • (4)丁寧なレスポンス対応資料を
    • (5)間違っていたことが分かったときには
  • 5.BPO(放送倫理・番組向上機構)
    • (1)関西テレビとBPO(放送倫理・番組向上機構)
    • (2)新たに設立されたBPO放送倫理検証委員会
    • (3)BPO放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会/旧BRC)
    • (4)BPO放送と青少年に関する委員会(青少年委員会)
第8章
第9章
  • 1.大規模災害時の行動指針
    • (1)大地震の際査
    • (2)原発事故、感染症の発生、化学テロの可能性等 被害の実態が不明である場合
    • (3)国民保護法、災害対策基本法に基づく報道について
  • 2.1995年1月17日 阪神淡路大震災の教訓から
    • (1)家のドアを開けたらそこは被災地
    • (2)市民として何ができるか? 放送局社員として何ができるか?
    • (3)想像を超える切実な課題?
    • (4)応援取材の心がけとは!
    • (5)非常時にどう備えるか!いつもやっていることしかできない?
    • (6)事故・災害の特性を理解しておこう!
    • (7)統括デスクの任務 司令塔体制が必要
第10章
  • このページです。