関西テレビ放送株式会社

 

  1. 第4章 表 現
  • 第4章 表 現

虚実皮膜の真実 〜「表現」のプロフェッショナルとして

もとより「演出」は番組づくりの全領域全過程に及ぶ概念であり、「表現」はさらに普遍的な概念です。しかし、「取材時の演出」は「第3章 報道・取材」の項で立論することとし、ここではロケ編集・スタジオ収録・ポスプロなどの「狭義の作業工程」に関わる「表現」について、集中的にガイドラインを編むことにします。オンエアーすなわち放送にいたる「出荷」直前までの広範な工程で、「番組づくりの工場」としての放送局の製造現場マニュアルの骨格と言えるでしょう。

「虚実皮膜の真実」とは近松門左衛門の表現論・演出論と聞きますが、「調査委員会報告書」でも「行き過ぎた演出という判定」は実は困難極まる判断であると記述されました。

前章に続いて「表現」について深く考える章としたいと思います。