関西テレビ放送株式会社

 

  1. 第2章 制作・演出 >
  2. 11.プレゼント・問い合わせ
  • 11.プレゼント・問い合わせ

番組での視聴者参加型のプレゼントは、特に電話、FAXが殺到する可能性があり、事前の対策が必要です。最近は、メールでもその傾向が見られます。


事例① 電話回線がパンク
ワイドショーの現金プレゼントコーナーで、いくつかの電話番号を使いまわししていたが、そのパターンをマニアに察知されるようになり、毎日、そのコーナーの時間に回線がパンク状態になり、市内一帯のあらゆる電話が通じにくくなった。
一般の人からも電話が繋がらないとの苦情も寄せられ、NTT側からも改善を求められ、コーナーを休止した。


事例② 取材先以外の農家に迷惑
情報番組で農家の中継をした際、個人宅なので問い合わせ先を放送しなかった。しかし、同じ作物を作っている別農家がインターネットで検索され、間違い電話が殺到した。その農家から苦情が。
ネット時代の予期せぬトラブルの事例。