関西テレビ放送株式会社

 

  1. 第2章 制作・演出 >
  2. 3.キャスティング
  • 3.キャスティング

自分の財産を増やそう

キャスティングという作業は、なかなか報われません。何度、事務所に連絡を入れても、体よく断られるのがほとんどです。スケジュールも含め、相手側のメリットに合致しないとなかなか成立しないからです。特に関西の場合は、移動時間も含め条件は厳しくなります。
だからといって、キャスティングブレーンばかりに頼っていると、今後の繋がりもなかなかできません。せっかく自分の財産を作れるチャンスをみすみす逃していることが多いといえます。
よほどの大物や特別な世界の人であれば、人の力を借りる必要がありますが、そうでなければ、まず、自分で連絡を入れましょう。あるいは、事務所まで行って挨拶をしましょう。まず、名前を覚えてもらうことが大事です。
そのときは成立しなくても、後で役立つ日が必ずきます。
「熱意とタイミング」、恋愛ではありませんが、重要なファクターだと言えます。


事例 2年越しの成就〜あるプロデューサーの証言〜
朝の生番組に大物女優Aをキャスティングしようと事務所に連絡を入れました。すると「大阪まではちょっとね、それと、そういう番組には……」というつれない返事。でもめげずに折にふれ連絡を入れ続けていたのです。
2年ぐらい経ったあるとき、相手から連絡がありました。「今度、大阪行こうと思うんだけど、他局は断ってあなたの番組に出たいんだ。2年前からずっと声かけてくれてたからね」
バンザイ!