まりえストリート

『1789 バスティーユの恋人たち』

2018.06.14

フレンチロックの音楽に心揺さぶられ、
ステージからみなぎるパワーに、息をのみ、
登場人物の魅力に、どんどん惹きつけられる。

そんな3時間でした。

時代はフランス革命の頃。
マリーアントワネットが贅沢に暮らしている中、
貧しい生活を強いられた農民のロナンは、
宮廷に仕えるオランプに、恋をしてしまう。

激動の時代の流れの中で、さまざまな決断を迫られる登場人物たち。


私は、「ピーチケパーチケ」のナレーションを担当しているので、
事前情報はバッチリでした!(笑)



ロナン役の、加藤和樹さん、
オランプ役の、神田沙也加さん、
マリーアントワネット役の、凰稀かなめさん。

観劇してから、お三方とのトークショーでした。

皆さんとてもチャーミングな方で、楽しいトークショーになりました!
凰稀さんのことが大好きだと話してくれた、神田さん。
そのお気持ち、私もわかりました!
凰稀さん、美しくて、カッコよかったー!!

加藤さんは、
役の時は、あんなに力強くエネルギッシュだったのに、
お話されると、すごく紳士的で、スマートな印象でした!

ちなみにこの三役は、ダブルキャストなので、
好きな方は、全部の組み合わせで何度もご覧になるそうです!

確かに!私もまた見たいです!

ちなみに、私の周りのミュージカル好きの後輩は
「三回【しか】行けません。」と言っていました。(笑)

『1789 バスティーユの恋人たち』は、6月25日まで!
是非、劇場でご覧になってください。

凰稀さんとは、タイミングを逃してしまい撮れませんでしたが、
トークショー終わりに、お二人と♪

すごく気さくで可愛らしい神田さん、私服も素敵でした!

関西テレビ ページトップへ戻る