岡安譲のSweetsのススメ

髙橋大輔選手と高校生からもらったもの

2018.11.09

※今回お知らせがあります。ぜひ最後までご一読を!

前回ブログで書いた「近畿フィギュア選手権」
今ごろ振り返るのもなんなんですが
髙橋大輔選手の姿に大変勇気づけられました。

 

4年ぶりの現役復帰。文字で表すと簡単ですが
並大抵の「覚悟」と「努力」ではなかった筈です。
ご本人は「まだまだ」とおっしゃっていましたが
SPもFSもさすがの存在感でした。

 

FSの実況はあの「荘厳」な雰囲気に
正直、口を挟めませんでした。
これについては少し反省しています。

 

「ダマリ」実況ももちろんアリだし、
私はフィギュアではその方が好きなのですが
「試合」である以上
もっと「事実」を「淡々と」
実況すべきだったかなとも思います。

 

ま、自分の反省はさておき
4年と言うブランクがありながらも
会場を熱狂させた髙橋選手。


演技の内容ももちろんですが
今の自分と向き合い、
ベストを尽くすその姿勢に
心を打たれずにはいられませんでした。

 

心を打たれたといえばもう一つ
最後の10分だけでもいいので
ぜひ見ていただきたい動画があります。
http://ktv-smart.jp/movie/index.php?key=62801

 

アナウンサーになって21年。
実況しながら泣きかけたのは初めてです。

 

「諦めたらそこで試合終了だよ」
超有名なスラムダンク・安西監督の言葉ですが
頭でわかっていても
なかなかできる事ではないでしょう。

 

どんなに劣勢でも決して諦めなかった両チーム。
実に素晴らしい試合でした。
こんな試合、滅多にありません。
「信愛」「開智」の皆さんには
心から拍手を送りたいです。

 

それにしても
何物にも代え難い魅力があるスポーツ実況。
これを職業にしている自分は幸せです。

 

この週末は「エリザベス女王杯」で
4年半ぶりにG1を実況します。

 

ブランクがありますので正直「怖い」ですが
同じく4年のブランクを乗り越えた高橋選手、
困難な局面も決して逃げなかった
「信愛」「開智」両チームの皆さんに
勇気を頂いて頑張ります!!ぜひご覧下さい!

関西テレビ ページトップへ戻る