岡安譲のSweetsのススメ

見えない敵との闘い

2018.03.16

「コイツさえいなければ…」
何度そう思ったでしょうか。
今年もとうとうやってきてしまいました。
私の天敵・花粉が大量に舞う季節。

 

数年前から重度の花粉症に悩まされています。
どれくらい重症かというと
「一切の鼻呼吸ができなくなる」程度です。

 

文字にするとあっさりしていますが、
これは言い表せぬほどのしんどさです。

 

鼻腔が完全に閉ざされ
鼻をかむことも、すすることもできません。
口呼吸しかできなくなり、耐えがたい息苦しさが襲います。

口の中、ノドは完全に乾燥状態。
耳も聞こえづらくなります。
それでも起きている間はまだマシかもしれません。

 

この時期は、大げさではなく
「睡眠時間が恐怖」です。

 

眠っているあいだ口呼吸しかできないというのは
体にも負担がかかりますが
それ以上に心理的恐怖が重くのしかかります。

 

「このまま呼吸が止まって朝を迎えられずに終わるかもな」
毎晩そう覚悟して布団に入ります。
ストレス以外の何物でもありません。

 

もちろんこれまでマスク・内服薬・点鼻薬・ツボ押しetc
あらゆる療法を試みましたが花粉の最盛期にはほぼ効きませんでした。

 

しかし今年から
「身体ではなく環境を改善してみよう」と寝室環境を変えてみたところ
これがかなりの効果を示したので
私と同じく花粉症に悩まされている方に
少しでも参考にしていただければと思いご紹介します。
※全ての方に効果を示すものではないと思いますのでご了承ください。

 

私に効果があった寝室の花粉対策は…
①窓とドアは基本閉めたままにする(部屋に吸気口がない時は避けて下さい)
②吸気口に市販のフィルターを貼る
③加湿器で湿度50~60%をキープ
④寝る数時間前に床を「拭き掃除」する(掃除機では花粉が舞ってしまいます)
⑤寝る1時間前から空気清浄機をフルパワーで回す(睡眠中は弱)

の5つです。

 

私の場合寝室に吸気口があったのを見落としていたため
これまで花粉が入り放題だったことが判明しました…そりゃしんどい訳です

 

ともかくこの5つの対策を施した結果
驚くほど快適に眠れるようになりました。
ご自宅の造り・状況に合わせて、ぜひお試し下さい。

関西テレビ ページトップへ戻る