岡安譲のSweetsのススメ

ちょっと遅くなりましたが

2018.03.01

今のところ、直接仕事にはかかわってこないものの
どうしても「お疲れさまでした」を言いたくてこれを書いています。


日本中が熱くなった平昌五輪。
個人的にはやはりフィギュア! 羽生選手、最高でした!!

 

実はわたくし
オリンピックではありませんが
過去数回だけ、エキシビションの実況をしたことがあります。

 

実況準備のために初めて取材に行ったのが
2006年、トリノ五輪凱旋記念アイスショー。

 

その時に生で触れた
「演技の美しさ」と「選手の皆さんの人柄」に惹きこまれ
あっという間にフィギュアのファンになりました。

 

「皇帝」エフゲニー・プルシェンコ選手の圧巻の滑りに息をのみ
荒川静香選手の「you raise me up」の美しさに、感動のあまり涙ぐんだひとときを
昨日のことの様に思い出します。

 

そしてその時、もう一つ強烈に記憶に残った事がありました。

 

選手が出番を待つ控えの廊下で
他の方々が談笑などをしている中、
黙々とジャンプの練習を繰り返す1人の少年がいました。

 

その少年こそ、当時ノービスで頭角を現しはじめた
羽生結弦選手です。

 

なぜ当時まだ11歳で、そこまでメジャーではなかった
羽生選手のことを覚えているかと言えば 

僕と同じ「YUZURU君」という名前だったことと
小学生とは思えない「ただならぬオーラ」を感じたからです。

 

その時から
「頑張れYUZURU君。これからも応援するぞ!」と思っていましたが
まさかここまでの「伝説」を残す選手になるとは…


今や「同じYUZURUを名乗ってすいません。私もその名に恥じぬよう頑張ります」

という心境です。

 

今回足の痛みにもプレッシャーにも負けず
SP・FS・EXそれぞれで、ほぼ完ぺきな演技を披露した羽生選手。
あの滑り、どんな美辞麗句も追いつかないでしょう。
人間界の言葉で表現できないほど凄い。
おそらく4回転アクセルも、数年内に本当にやってしまう気がします。

 

今はひとまずゆっくり休んで頂いて(無理かもしれませんが)
またあの美しい滑りを見せていただきたいと思います。

 

そして出来ることなら
羽生選手が出場するアイスショーなどの実況を
いつか担当出来ればいいな~と夢見ています。

ともかく
羽生選手を含め日本に感動を与えて下さった
選手団のみなさま
本当にお疲れさまでした!!

関西テレビ ページトップへ戻る