名もなき復讐者 ZEGEN

あらすじ

第8話 10月17日放送

東野(高橋努)を影で操っていたのは、唯一心を許せる存在であった育ての親・初枝(筒井真理子)だったという信じがたい事実を知ってしまった女衒(阿部進之介)。自身の復讐劇に区切りをつけるべく女衒は初枝のもとを訪れる。一方、雪蘭(馬場ふみか)と幸造(杉本哲太)も、行方知れずとなった女衒のことを心配し、その場所に向かっていた。初枝がさくら(山田愛奈)を襲わせた本当の理由とは?狂気に満ちた復讐連鎖はどのような結末を迎えるのか?衝撃の最終回が幕を開ける。

名もなき復讐者 ZEGEN

第7話 10月10日放送

直井(遠藤雄弥)の裏切りにあい、警察に追われることになった女衒(阿部進之介)。一方、東野(高橋努)に拉致されて、雪蘭(馬場ふみか)を人質にとられた幸造(杉本哲太)は、「助けたければ女衒を殺せ」と命令され、女衒のもとを訪れる。女衒はそれを利用して、さくらを襲わせた黒幕・東野と対峙するが、そこで自らの出自に関する驚愕の事実が明らかになる。果たして、女衒は壮絶な復讐の先に何を知るのか?

第6話 10月3日放送

女衒(阿部進之介)はさくら(山田愛奈)を襲うように指示を出した黒幕・東野(高橋努)を追いつめるが、復讐する前に東野に逃げられてしまう。一方、自殺をはかるも女衒に助けられて一命をとりとめた雪蘭(馬場ふみか)のもとに、東野の手下・杉浦(古野陽大)が向かっていた。明菜(永尾まりや)の助けもあり、杉浦を撒いて逃げることに成功した雪蘭は、幸造(杉本哲太)の工場で匿ってもらう。そこで、次第に明るさを取り戻していく雪蘭だが…。

第5話 9月26日放送

女衒(阿部進之介)の復讐相手の一人である北村(松澤匠)は、雪蘭(馬場ふみか)を使って女衒を呼び出し、ICレコーダーの音声を聴かせようとする。そこには、さくら(山田愛奈)を襲うように指示を出した黒幕の声が録音されていたのだった。また、自分の命が短いことを受け入れ始めた幸造(杉本哲太)は、再び雪蘭のもとを訪れる。一方、雪蘭は同じ店で働く明菜(永尾まりや)の知り合いのハッカーが見つけた映像を見てショックを受けてしまい…。

第4話 9月19日放送

仕事中に倒れ、病院で余命3ヶ月と宣告された幸造(杉本哲太)は、雪蘭(馬場ふみか)のもとに会いにいくが、正体を明かさないまま去って行く。一方、中国にいる夫や親友と連絡が取れなくなってしまった雪蘭だったが、気丈に仕事を続けていた。女衒(阿部進之介)は養護施設で世話になった園長の妻・初枝(筒井真理子)にさくら(山田愛奈)を自殺に追い込んだ男たちへの復讐を打ち明ける。そんな中、雪蘭のもとをある男が訪れ…。

第3話 9月12日放送

違法風俗店で乱暴されそうになったところを女衒(阿部進之介)に助けられた雪蘭(馬場ふみか)は、女衒の妻・さくら(山田愛奈)が1年前に、とある出来事がきっかけで自ら命を絶っていたことを知る。女衒は、妻を自殺に追い込んだ男たちに復讐を続けており、ナイフを手に一人また一人と追いつめていった。女衒の境遇を思いやりながらも、それを女衒に話せない雪蘭。そして、顔も知らない雪蘭と偽装結婚を続ける幸造(杉本哲太)を取り巻く状況も変わろうとしていた。

第2話 9月5日放送

慣れないながらもマッサージ店の仕事を順調に続ける雪蘭(馬場ふみか)。女衒(阿部進之介)は、短期ビザしか持たない雪蘭のために、幸造(杉本哲太)に雪蘭との偽装結婚の話を持ち掛ける。これまで真面目に働いてきた幸造は思い悩むが、雪蘭の事情を知り「たまにはバカなことをしてみたい」と提案を受けるのだった。一方、女衒を目の敵にしている梶間組の組員・東野(高橋努)は、「雪蘭を奪ってこい」と自らが経営する違法風俗店のスカウトマンに命令して…。

第1話 8月29日放送

中国にいる病床の夫の治療費を稼ぐために日本へ出稼ぎにきた中国人女性・李雪蘭(馬場ふみか)。彼女は夜の街で出会った女衒<ぜげん>と名乗る男(阿部進之介)に川崎のマッサージ店を紹介され、店長の直井(遠藤雄弥)や同僚の明菜(永尾まりや)に支えられながら懸命に働き始める。女衒は声をかけてきた女性に仕事を斡旋し、アフターフォローも欠かさないことで評判が高かった。ある日、女衒は港町で水産加工場を営む佐藤幸造(杉本哲太)のもとを訪れて…。

関西テレビ ページトップへ戻る