死亡フラグが立ちました!

あらすじ

第8話 12月12日放送

麻美(林田岬優)にインタビューすることになった陣内(小関裕太)は、本人を目の前にしてその美しさに愕然としてしまい、彼女への溢れる思いからオタク満開の空回りな発言を続けるが、本宮(塚地武雅)らに諭され徐々に彼女の過去の話をし始める。動揺を隠しきれない麻美は怒りをあらわにするが、陣内は質問をやめずにどんどんと彼女を追いつめていく。果たして彼女が死神なのか?陣内は死神の罠から24時間無事に逃げ切ることができるのか…。ミステリーの常識を覆す衝撃の展開が待ち受ける最終回!

死亡フラグが立ちました!

第7話 12月5日放送

チンピラたちに絡まれていたところを本宮(塚地武雅)に助けられた陣内(小関裕太)。陣内が死神からのカードを受け取っていたことを知った本宮は、“お前を助けるためなら、どんなことでもする”と心強い言葉で陣内を励ますのだった。そして、陣内は最愛の女優・黒谷麻美(林田岬優)が死神ではないということを証明するために、本宮の助けを借りながら、彼女の過去を調べ始める。聞き込みをしていくうちに、麻美に関する怪しい噂が次々と明らかになり、陣内は麻美と対峙する決意を固める。

第6話 11月28日放送

陣内(小関裕太)が愛してやまない女優・黒谷麻美(林田岬優)が、実は死神と関係があるのではと疑う本宮(塚地武雅)に強く反発し、一人で死神探しをすると宣言してしまった陣内。さらに、ドS編集長の美里(明星真由美)が思いついた「面白い企画」のせいで、陣内を更なるピンチが襲うことになる。疑心暗鬼になった陣内の頭の中では、妄想じみた疑惑がどんどん膨らんでいく。陣内と本宮は仲直りをして、ともに死神の正体に迫ることができるのか?また、ピンチに陥った陣内の運命は!?

第5話 11月21日放送

松重(寺脇康文)の死を悼みつつも、編集長の美里(明星真由美)から指示された死神探しのタイムリミットも刻々と近づく陣内(小関裕太)。女性にモテモテの本宮(塚地武雅)は、その人脈を駆使して過去の事件を調べていくうちに、13年前に起きた田中一家殺人事件で行方不明になっている長男・鳥栖夫が死神の正体ではないかと疑いはじめる。そして、その疑念の矛先は、思いもよらない人物へと向けられていく。少しずつ歯車は狂い始め、陣内と本宮の関係にもある変化が生じ始めていた。

第4話 11月14日放送

危機一髪のところで陣内(小関裕太)、本宮(塚地武雅)、橋元(笠原秀幸)に命を救われた松重(寺脇康文)は、“ここからは俺、一人で行かせてくれ”と言い“世界一の美女”に会いにでかけてしまう。まだ死神を見つけられていない陣内と本宮は、タイムリミットまでまだ数時間ある松重のあとをコッソリとつけることに。陣内と本宮の尾行に気付かないまま港にやってきた松重は、“竜ちゃん!”と呼ぶ懐かしい声を聞く。振り返るとそこには松重の最愛の女性が立っていて…。

第3話 11月7日放送

死を覚悟した松重(寺脇康文)が“俺は世界一の美女に会ってキスをする”と宣言したことで、彼の故郷・藤ヶ崎を訪れることになった陣内(小関裕太)、本宮(塚地武雅)、橋元(笠原秀幸)。松重が過去に家族と行ったというホテルに宿泊することにした4人だが、そのホテルには人気ショウチューバーのサカモトアツシ(高崎翔太)が滞在しており、ライブ配信中にホテル爆破することを予告する。サカモトを止めるべく奔走する陣内、本宮、橋元の3人。だが、一人身を隠す松重に、新たな危機が迫ろうとしていた。

第2話 10月31日放送

死神の本当のターゲットは組長ではなく、松重(寺脇康文)だった!「受け取ったら24時間以内に死ぬ」という、死神からのジョーカーのカードを受け取った松重。陣内(小関裕太)と本宮(塚地武雅)は、松重とその舎弟の橋元(笠原秀幸)と行動を共にする。ちぐはぐな4人組の珍道中には、数々の罠が仕掛けられている!?何をとっても死神の罠に見えてしまう一行は、道を歩いていても食事をするのにも過剰な反応に!陣内と本宮は松重を助け出す手段を探るため、霊媒師の力を借りて、過去の事件を洗い出してみることに…。

第1話 10月24日放送

都市伝説を扱うフリーライターの陣内トオル(小関裕太)は、自身が担当する雑誌が廃刊の危機にあることを、編集長・岩波美里(明星真由美)から告げられる。その危機を脱するため、陣内に課せられた使命は、周到に張り巡らせた罠でターゲットを24時間以内に死へと導く伝説の殺し屋・「死神」の正体を暴くこと。陣内は高校の先輩で破天荒な天才・本宮昭夫(塚地武雅)や、死神に殺された組長の敵討ちを誓うヤクザの松重竜次(寺脇康文)とともに、死神の正体を追うことに。まずは、組長殺しの謎について調べていくと、意外な事実が明らかに!

関西テレビ ページトップへ戻る