特別展 昆虫~秋も昆活!

9月13日(金)深夜2:35~3:00

出演者

香川照之(“昆活“マイスター・オフィシャルサポーター)
兵動大樹(矢野・兵動)
森島寛晃(セレッソ大阪 社長)
田中美華(昆虫が大好きな小学3年生)
松本吏樹郎(大阪市立自然史博物館主任学芸員)
堀田篤(カンテレアナウンサー)
竹上萌奈(カンテレアナウンサー)

番組内容

“昆活”とは、昆虫に興味を持つ、昆虫を学ぶ、採集に出かける…など昆虫に関わるあらゆる活動のことを指します。
大阪市立自然史博物館で好評開催中の特別展「昆虫」をきっかけに、大人も子どもも思わず“昆活”したくなる番組を放送します。

昆虫は名付けられているものだけでも100万種!身体は小さいけれど、その生態は不思議とロマンに満ちています。特別展「昆虫」の会場には、日本や世界で集めた約3万5000点の標本がぎっしりと展示されています。どんなに昆虫に詳しい人でも初めて見る標本がきっとあります。

Mr.セレッソ森島寛晃さん、堀田アナウンサーも“昆活”に挑戦。大阪市立自然史博物館の松本吏樹郎主任学芸員と、昆虫採集に出かけました。
昆虫ハカセの松本学芸員の名人芸が冴えわたり、次々と昆虫を捕まえます。そして豊富な知識で、昆虫や植物の生態系を解説してくれます。
松本学芸員の専門はハチ。新種の発見にも成功し、特別展「昆虫」でもその一部が展示されています。取材中にも新種の発見につながる手ごたえがありました。さらなる研究の成果を待ちたいですね。

特別展「昆虫」のオフィシャルサポーターであり、“昆活”マイスターの香川照之さんからも昆虫愛にあふれるメッセージが届いています。どうして香川さんがこんなにも昆虫を愛しているのか、その理由がわかりますよ!

昆虫はその膨大な種数ゆえに、昆虫ハカセでも、その生態がよくわかっていないものがほとんどだと言います。
科学の力で何もかも判明しているような錯覚を起こす現代において、未知のロマンが詰まっているのが“昆虫”と言えるのかもしれません。

秋はとりわけ、虫の声が楽しめる季節です。それも立派な“昆活”ですね。

この番組は8/3(土)に放送された「特別展 昆虫~この夏は昆活!」をもとに一部情報を更新したものです。

番組へのメッセージ

関西テレビ ページトップへ戻る