11月27日(金)

第十六話 自分ではない誰かを前へ

蜘蛛の糸に囚われた鬼殺隊員と戦う炭治郎と伊之助。糸を斬り、蜘蛛の巣を破り、ふたりは山の奥へ。
森を進むにつれ、蜘蛛の糸がだんだん太くなり、操られている者たちも人間には不可能な動きをしはじめる。
操られた隊士たちを、傷つけずに動きを止める方法も困難になる中、炭治郎がとった行動とは——。

第十七話 ひとつのことを極め抜け

ここには鬼舞辻󠄀無惨直属の配下・十二鬼月がいる——。
那田蜘蛛山の母鬼を倒した炭治郎は、妹の禰󠄀豆子を人間に戻す手掛かりになる鬼が、この森にいることを知る。
傷だらけの伊之助とともに、ふたりはさらに森の奥へ。
一方、ひとり寂しく森を進む善逸の前に、人面蜘蛛が現れる。