競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2017年10月20日

清の言いたい放題

また2着。スプリンターズステークスのレッツゴードンキといい、秋華賞のリスグラシューといい、“中心”にした馬がいずれも2着。一応、2度続けての的中とはなっているのですが、何かスカッとしません。中心にした馬が勝ちきってないからでしょう。勝ちきるには実力は当然のこと、よく言われるところの“運”が必要です。それを痛感したのが秋華賞でした。
勝ったディアドラは陣営が秋華賞を意識してここ2走いずれも2000mに出走。しかも2勝。更にレースを重ねても体重が増え続け絶好調だったこと。そこへ“運”、がプラスされました。手綱をとっていた岩田騎手がファンディーナに乗るため、鞍上が決まっていなかったところへ。ルメール騎手が空いたのです。ルメール騎手のお手馬、最強の3歳牝馬ソウルスターリングが天皇賞(秋)へ出走するため、秋華賞に乗る馬は決めていなかったのです。そこへディアドラというわけ。桜花賞6着、オークス4着、から何とか最後だけはとりたいとあらゆる手をつくした陣営にプラスしてルメール騎手。直線追い上げる際、やや後方過ぎたか(うしろから3番手)と思ったというルメール騎手、直線、坂下で内へささるシーンがありましたが立て直されるや一歩一歩力強く伸びリスグラシュー、モズカッチャンを抜き去り遂にGIを勝ったのです。反対に“運”がなかったのはモズカッチャン。オークス2着のあとローズステークス(7着)からデムーロ騎手に乗り替わり絶好位をマーク、直線に向くやいったんは完全に先頭、勝ちパターンになったんですが、惜しくも3着。実はレース中に“落鉄”していたのです。重馬場をハダシで走るわけですから最後の最後になって踏ん張りがきかなくなったようでデムーロ騎手としては何ともやりきれない気持ちだったでしょう。1番人気のアエロリットは道中、ひっかかったのがすべて。かつて、タップダンスシチーに乗っていた佐藤騎手にきいたことがありましたが、人気馬での逃げ馬、あるいは先行馬にのっての最内枠は人気だけに大事に乗ろうとする意識があり馬の気持ちと合わなくなることがあるそうです。2コーナーを回って向こう正面に入った時、3番手を引くアエロリットを見て、万事休すと感じました。“ひっかかった”のです。重馬場だったのに前半後方にいた2頭が3コーナー過ぎから差をつめ、1、2着した秋華賞でした。
一方、古馬の牝馬陣の争い14日(土)の府中牝馬ステークスの方は2、3着したヴィブロス、アドマイヤリードが本番ではそれぞれ主役でしょう。もう一頭、スマートレイアー。とにかく、予想の方は季節外れの長雨に悩まされますね。
今週の菊花賞も馬場状態は悪いでしょう。どの馬に“運”が…。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る