競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2017年8月25日

清の言いたい放題

先週の日曜日は「米子ウインズ」でのイベントでした。18年前、オープン時に行って以来2度目で「こんな立派なものだったのか」とあらためてビックリさせられました。広さ、大きさといい、周囲の環境といい、すべてが素晴らしく、我が国の数あるウインズの中でも、1、2にランクされるのではないでしょうか。この日(20日、日曜日)は開門を早めたとかで、朝から家族連れ等も含めてにぎわいましたが、スペースがあって混雑感は全くありませんでした。ホールも広く、椅子席の椅子も豪華で、又、画面も大きく、劇場感、溢れるもの、そこでのイベントでした。
第1部が札幌記念の予想を中心にしたトークショウ。とっさの思いつきで札幌記念の資金を増やそうと小倉10Rに出走するタニノアーバンシーを強く推し、相手も4頭に絞ったまでは良かったのですが、8番と9番を言い間違えるウッカリミスで3連単は外れ、逆に迷惑をかけてしまうことに。単勝にしておけば、2.8倍に増えていたのに、と悔やんでも後の祭り。第2部の札幌記念のリレー実況は、相手がラジオNIKKEIの藤田アナウンサーと。古くからの付き合いで言いたいことの言い合い。印はエアスピネルを軸にしたものの、個人的にはサクラアンプルールを軸にした馬券を披露。4コーナーで大外から白い帽子がくるや、一気にテンションが上がり、「菊の季節にサクラ…」と絶叫。場内のお客さんも大いに盛り上がりましたが、一緒にくっついてきた2着のナリタハリケーンがなく、ゴールインと同時にトーンダウン(笑)。それにしても、エアスピネルのルメール騎手、マウントロブソンのモレイラ騎手の対決にヤマカツエースが割って入るかとみていた3頭、ヤマカツエースが辛うじて3着にはきましたが。来るべき天皇賞を思うと残念ながら札幌記念組からは苦しいのではとしか言いようがありません。
小倉は4連勝したダイアナヘイローを軸にしたまでは良かったものの、これ又、2着のナリタスターワン、3着のラインスピリットなく3連単1,078,270円にア然とするばかり。とにかく、この日はすべて単勝にしておけばとグチの連発。開催も後半になると3場ともに内目の枠に入った馬は苦しいようで(札幌記念は内だったが)これからの2週、そのあたりを頭に入れておかないと、と痛感させられました。札幌で吹き荒れたモレイク旋風も後半は尻すぼみでしたが、今週も要注意であることは言うまでもありません。ただ、当然のことながら、どの馬も人気するだけに馬券的には妙味薄です。いずれにせよ、先週は惨敗でスミマセン!
最後に札幌でデビューしたモーリスの舎弟、ルーカス、強いの一語ですね。成長が楽しみです。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る