競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年5月11日

清の言いたい放題

遂にユウスケ(失礼)、藤岡佑介騎手がGIをとりました。実は5日(土)のメイン、京都新聞杯の前に少し話をした時、「今日の馬(ステイフーリッシュ)は秋にはもっと強くなると思うけど、明日NHKマイルカップ(ケイアイノーテック)の方が…」とGIの方をより意識した内容、そのステイフーリッシュでは直線、早めに先頭から押しきる快勝!ダービーの出走権を確実にするや6日(日曜日)には有言実行というか接戦を制し初のGI制覇となりました。
弟(康太騎手)に先を越され、同期の吉田隼人騎手に先に勝たれても、マイペースマイペースと淡々としていましたが遂に、やってしまった(笑)というわけです。
それにしても、今回は不思議な回りというか。天皇賞直前にして持ち馬であったクリンチャーが武豊騎手に乗り替わり(騎乗停止で三浦騎手に)、その武豊騎手が乗る予定だったケイアイノーテックが武騎手、騎乗停止でまわってくるとは。まあ、騎手の世界ではよくあることとはいえ、こういうのは珍しいです。
レースの方は3コーナーでうしろから2番手の位置、こんなうしろで大丈夫か?と思いながらも、我が中心馬ギベオンを追い続けた直線、意外と伸びず、ヤバイ!デムーロ、と思ったところへ、大外から差を詰めてきたのがケイアイノーテックでした。今年はほんとに良く乗れています。このリズムを大事にしたいとは前々から言っていましたが、その通りになっています。
レースあと、平田調教師にお祝いメールすると「うちで活躍してくれたケイアイガーベラの仔でGIを勝てるなんてこんな嬉しいことはないし、調教師冥利につきますよね」の返信。
マイルを意識に新馬戦から6戦すべて1600mを使い続けただけに平田師の喜びは更に増したのでしょう。
当然、今後はマイル王を狙っての挑戦になります。6番人気でしたが、これからはもう人気、狙うならNHKマイルカップでした。
(後の祭り)ギベオンがなんとか2着に粘ってくれて一応ホッ、馬券の方が的中してくれました。2着のギベオンは当然のことながら、更に強くなりこれからも注目の一頭です。問題は1番人気ながら馬混みに入ってしまい、ゴール前でも窮屈で大きく頭を上げるシーンがみられ惨敗したタワーオブロンドンです。巻き返しあるのか微妙です。ルメール騎手にしては珍しいことでした。
藤沢和調教師、次はどんな手をうってくるか注目、興味があります。
大接戦の3着にきたレッドヴェイロン。岩田騎手に本来の迫力が戻ってきました。GI戦線、要注意騎手です。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る