競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年2月9日

清の言いたい放題

年頭から東を拠点にしている池添騎手。東の空気にも馴染むこと、東の依頼も多く、東の雰囲気にも馴れたい等々、ただし、期間は春頃までとしていましたが、それらも当然あったとは思いますが、具体的にはこの馬か、という馬が出現しました。
4日(日)の東京9Rゆりかもめ賞に出走したブラストワンピース(大竹厩舎)とのコンビを継続するためということもあったようです。
そのブラストワンピースがなんとも鮮やかな勝利を飾りました。さもありなんです。
3歳馬戦にしては少ない2400mの距離。所謂、ダービーと同じです。既に2戦にして意識しているのか。タテ長の展開になった前半は中団より後方に位置していたが、直線に入って馬混みをぬうようにして差をつめ、あと200m地点で前が開くやアッという間に抜け出し差を開く一方の圧勝。
思わず「強い!」
新馬戦で1800m戦を勝って2戦目が2400m戦の完勝、相手関係があるものの楽しみな馬の出現は間違いなし。
ハービンジャー産駒で520kg台。
池添騎手に力が入っているのも当然だろう。朝日杯フューチュリティステークス(GI)組やホープフルステークス(GI)組に混じってどこまで戦えるか、興味は尽きません。
一方、東京新聞杯には参りました。
失礼ながら、リスグラシューがあんなパワーで馬群を割るとは。これまで桜花賞(GI)をはじめ何度となく追い続けた馬だったが、勝ちきれず2、3着止まり。牝馬だし、と東京新聞杯は止めたとたんの鮮やかな勝利。よくあるパターンとはいえ、「しまった!」…です。やっぱり追い続けないと、それも馬券の楽しみのひとつでもあるのに。
この東京新聞杯で追い続けたい馬をみつけました。4コーナーではどん底の位置から直線だけで際どく6着まで上がったハクサンルドルフです。一時、本調子を欠いていたのですが、ようやく復調気配が感じられ、本来は中団ぐらいへは行けるので次走からはもう少し前でレースを進めることが予想され、決め脚が生きてくるものとみます。出来ることなら、手応えを得ている戸崎騎手でいってほしいのですが、西園厩舎の管理馬だけにどうなるか。
いずれにせよ、追い続けます。牡5歳のアドマイヤムーン産駒460kg〜470kgこれまでの成績は(5、4、3、5)
頭のどこかに入れておいて下さい。
寒さももうひと辛抱、負けずに楽しんでいきましょう。
つけたし!ひと言余計なことを!
先週は京都(きさらぎ賞)のダノンマジェスティ(9着)、東京(東京新聞杯)のダノンプラチナ(11着)とともに惨敗してしまったものの、今年はダノン軍団の活躍がすさまじいと予想しています。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る