競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年8月17日

清の言いたい放題

お盆が過ぎて、暑さの方も少しはおさまってきたんでしょうか。まだ甘いかな?先週の新潟の競馬を見ていてそんな気がしたんですが…。その新潟のメインレースは53回目となる歴史ある関屋記念。プリモシーンとチェッキーノの牝馬2頭に注目しました。勝ったのがプリモシーン。春は桜花賞、NHKマイルのGIレースに出走。2度ともスタートが悪く着順掲示板は外したもののNHKマイルはそれでも5着にきた実力。その馬が牝3歳で51kgの斤量なら1番人気も当然で見事に期待にこたえたわけです。
ただ、欲を言うなら、それだけに、もう少しスパッと切れて欲しかった、というのが正直なところ。ただ、3ヵ月振りでもあり、秋には大きいところを狙ってくるでしょう。楽しみです。
もう一頭のデビューから注目してきた馬。オークスはシンハライトのクビ差2着に惜敗した力の持ち主。その後、脚部不安で1年11カ月休養後、6月17日の米子ステークスで復帰。
30kgを超す馬体重増でさすがに苦しく7着に敗れたあとの2走目で、人気にならないうちになんとかしてくれ、と“夢”にしたのですが、スタートで出遅れ万事休す。後方からのレースになり、直線、懸命に追い上げるも7着まで。
残念ながら16日に左前脚屈腱炎で現役引退が発表されました。夜はジャックルマロワ賞にまで手を出してしまい痛手を大きくしてしまいました。朝から深夜まで競馬づけの楽しい一日でした。それにしても、ジャックルマロワ賞を勝ちGI4連勝とした牝3歳馬アルファセントーリ文句なしの強さでした。いいものを見せてもらい満足です。仏GIIIのメシドール賞を勝ち、当レース出走を予定、ケガで断念したジェニアル(松永幹厩舎)が、どんなレースをするか見てみたかったですね〜。結果に関係なく。最後に地方競馬の話題です。レジェンド的場文男騎手が遂に7152勝の最多勝利記録を達成しました。凄い!的場騎手とはある番組でご一緒したことがあり、いろんなことを教えていただいたことを思い出します。中央では武豊騎手の4000勝記録が近づいています。記録達成を現場で見たいものです。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る