競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年2月16日

清の言いたい放題

ことの他、“雪"が多い今年。そんな中、うまくかいくぐってというか、競馬の開催を続けてきたが、遂に、3日間開催の先週、3日目の小倉競馬が降雪、積雪のため順延に。
その先週の注目は何といってもキタサンブラックが引退した古馬戦線を占う京都記念だった。
最大の注目馬は誰しもが思うダービー馬レイデオロだったが、ルメール騎手が騎乗停止でバルジュー騎手になるハプニングがあったが、それは関係なし。JC以来となるレイデオロは馬体の張りがもうひとつで、スタートももたつく甘いもの。したがって前半は後半からの競馬になり、ダービー同様向正面で好位をとりに行き、4コーナーでは逃げでいたクロコスミアの外に並びかけ、直線向くや、いったん先頭。
そこからハジけるかと期待したが、ジリジリ状態。馬場の影響もあったか。外目へコースを。
落ち着いて内々の4番手、3番手でレースを進めていたクリンチャーが、その内へ入り確りした足どりで伸びて先頭。
ゴール前では大外からアルアインが流石の伸びをみせ2番手へ。レイデオロは最内から鋭く伸びたモズカッチャンを辛うじてハナ差押さえての3着。やや不満が残るものとなった。
次走はドバイの予定ということだが、日本ダービー馬らしさをみせてもらいたい。名匠、藤沢和調教師だけに、それもこれも折り込みずみだろう。当然、期待出来ると確信する。
収穫はやはり勝ったクリンチャーだ。
馬券的にも面白い存在と見ていたが失礼ながら突き破るところまでは予想できず猛省。
これで、善戦マンに終止符。先行出来てスタミナ充分だけに古馬陣の層に厚みが出たとみる。アルアインの2着は馬場状態があってのもので、今年は更に期待できるだろう。
あと、牝馬はやはりモズカッチャンか。
ディアドラの方は馬体が立派過ぎたか。
2走目の次走、真価が問われることになる。
そして、マカヒキ、サトノダイヤモンドの動向だ。
キタサンブラックは抜けたが、面白いレースは充分期待出来る。3歳馬の共同通信杯からは勝ったオウケンムーンだ。3勝は新馬、中山、東京とそれぞれ違うコースというところが評価出来る。
又、オウケンブルースリというのも興味がある。
牝馬のクイーンカップは2着だったもののゴール前に伸びが目立ったフィニフティでセンスがある。
寒い時期ももう僅か、この時期、何とか追い続けたいマイホースを見つけたい。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る