競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年5月4日

清の言いたい放題

直線、力が入った先週の天皇賞。中心視したレインボーラインが、レース前半は最内へ入って中団からうしろ。「昨年もうしろ過ぎたのに、今年も…」と思いながら見ていたが、向正面へ出ても、外へは出たものの位置は同じ、うしろ。
大丈夫かな、と不安になった時に外から一気に黄色い帽子が動いた。サトノクロニクルが先頭まで上がっていった。ここがポイント。
一気に流れが変わり、タテ長からほとんど一団に。前にいたガンコ、シュヴァルグランも動かざるをえなくなり、4コーナーへ。この時に、3コーナーから外を通って差をつめていったレインボーライン。
勝った阪神大賞典と同じパターンになった。
“良し!”思わず力が入った。直線に入ってガンコが脱落。シュヴァルグランが先頭に立ってゴールを目指す。勝ちパターンに入った?と思ったが、これは早いぞ…。レインボーラインは外へ出かかったが前がカベになって強引に内へ進路を切りかえる。ヤバイ!と思ったが岩田騎手渾身の手綱捌き、腰の上下動で鋭く伸びシュヴァルグランの内から突き抜けた。
「晴天の京都で盾へかける7色の橋」レインボーライン、栄光のゴールだった。
ただ、残念だったのはゴールイン直後に脚を痛めたこと、幸い大事に至らずホッ!
まだ牡5歳であり奥手のステイゴールドの仔で、これで世界が大きく開ける。
繰り返しになるが勝負のポイントは向正面でサトノクロニクル、トーセンバジルが一気に動き自分のリズムで走ろうとしていた、そして、ひと息入ったガンコがハナに立たされてしまったこと。それと一緒に、シュヴァルグランも動かざるをえなくなったこと。最近の競馬はこんな傾向が多い。ペースが落ちつきそうになった時に、後方にいた何かが、一気に動きペースが乱れるパターンだ。
しかし、それも勝負、結果論ではなくシュヴァルグランにとってはこれがゴール前でこたえたか。逆にそのままで流れていたら、レインボーラインが届いたかどうか。クリンチャーは3コーナーで一緒に動かずひと息待ったのが、際どい3着(クビ、1/2差)に好走出来たように思う。
4歳馬チェスナットコートの5着はこれからに大いに楽しみを残した。来年のこの舞台が楽しみだ。
混線といわれた今年の天皇賞(春)だったが、終わってみれば歴戦の古豪が上位を占め、やはり、3200mの天皇賞(春)は力がないとダメということをあらためて思い知らされた。
関係者の中にも同じ思いをされている方がいるだろう。
それから、土曜日(28日)のダービートライアルの青葉賞、エビちゃん(蛯名騎手)のガッツが乗り移ったゴーフォザサミットが快勝。
2着に2馬身差をつけた。ダービーへ祝昇良しだろう。今年のダービーはブラストワンピースにキタノコマンドールの2頭は決めていたがゴーフォザサミットを追加にしないと…。
エビちゃんも49歳、これまでのダービーは2着2回、3着2回。そろそろ決めないと…チャンス到来だろう。今週から5週続けて東京競馬場でのGI、特に5月27日(日)のダービーは昼休みのダービー騎乗騎手の紹介、レース直前の「君が代」独唱の司会と、20年以上続く光栄の一日となる。今年も盛り上がるゾ!

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る