競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年9月7日

清の言いたい放題

暑い暑い夏競馬が終わりました。
それにしても、最近「夏負けだった!」の敗因の声を耳にしなくなりましたね。何が変わったんでしょう。それはそれとして、最終週、この秋、追い続けたいと思う2頭が出てきました。
1頭は新潟記念を圧勝したブラストワンピースです。この馬はダービー前から意識していた馬でダービーでは馬混みを捌ききれず僅差の5着になり、残念な思いをし、次こそは、と待っていた大物です。菊花賞(10月21日)との間隔を空けるために早々と出走に踏みきったのですが、池添騎手にも力が入っていて「これでもか!」の勝ち方をみせつけました。まだゲート内で落ち着きがない…とのことでしたが、それも時間をかけて練習をしていくことでしょう。ダービー馬、ワグネリアン等を相手に菊の舞台でも豪快なレースをしてくれる、と確信して、追い続けます。
もう一頭は小倉2歳ステークスを快勝したファンタジストです。新馬戦はフラつくところがあってクビ差の辛勝でしたが、2戦目となれば成長がみられ、好スタートから好位置をとり、4コーナーでやや外へ行きかけたところがあったものの、 直線はしっかりと安定した伸びをみせ危なげのない完勝でした。ロードカナロアの仔だけに距離的なことがあるかもしれませんが、1600m〜2000mまではいけるでしょう。出来たら、武豊騎手とのコンビのままで大舞台に向かって欲しいものです。
次から次へと気になる馬が出現してくるだけに、止められません。
最後に肝心の馬券戦線は最後の最後に強烈なKOパンチをもらい、悔しさを残した夏競馬でした。秋には頑張ります!
懲りずに末永くお付き合いください。

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る