競馬BEAT

杉本清の夢の一頭

ご意見番・杉本清の先週のレース報告(言いたい放題)と今週のレース予想(ささやき)。

2018年9月14日

清の言いたい放題

先週のレースから。
やっぱり“ルメール”というところをみせました。
紫苑ステークスを勝ったノームコア。堅実ながら勝ち切れなかったところがあった馬。ところがこの日は外目の枠から好スタートを切るや無理なく自然と4、5番手の好位置にはまり、4コーナーでは先頭に並びかけ、直線、満を持して追い出すや、鮮やかに伸び懸命に追い込むマウレア以下に3馬身差をつける快勝劇。自身は秋華賞では桜花賞、オークスを勝っているアーモンドアイに騎乗しますが、この馬も強い!とのコメント。今日の友は明日の敵ということ。いずれにせよ、乗り替わって即、結果を出されると、どうのこうの云々する余地はありません。もう一方、中心視したサラスは1コーナーでやや馬混みでゴチャつきうしろからのレース4コーナーでも、外へ行きかかって行けず、又内の方へもスムーズに入れず、いいところなしに終わってしまいました。13着なんて力ではなく次走は巻き返してくると確信します。
馬券的にはこんな馬が面白い狙いになります。その時こそ、勝負です。それにしても、人気の時の田辺騎手より、人気薄での田辺騎手の方がやはり魅力がありますね〜(笑)
日曜日、京成杯オータムハンデキャップでもルメール騎手が見せました。ノームコアと全く同じパターン。外目の4、5番手で流れにのり、直線外から危なげなく力強く伸びました。牡4歳。ディープインパクト。11戦6勝2着1回、3着3回の好成績。540kg台の巨体、もともと期待された馬。ようやくおおものが本領発揮で、秋のGIの台風の目となるでしょう。自然の台風はウンザリですが、こちらの台風はOKです。
阪神のセントウルステークスはやはりGI馬ファインニードル強しで昨年についで連覇、昨年は次のスプリンターズステークス(GI)を落としましたが、今年はどうか、連覇なるかその可能性は大ですが、個人的にはまだレッツゴードンキにこだわっています。シツコイです(笑)
いよいよ秋本番へ突入です!

携帯・スマホでのアクセスのご案内

スマホでのアクセスのご案内(スマホDEカンテレ)

関西テレビ ページトップへ戻る