あらすじ

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

頭脳明晰(めいせき)な優等生・栗橋(川栄李奈)は、その豊富な知識と福祉に対する高い意識でバリバリと仕事をこなす、同期随一の“できる”ケースワーカー。しかし、そんな彼女には欠点がある。優秀すぎるが故に、“できない”人の気持ちが分からず、人前で笑うのも苦手。利用者に全身全霊でぶつかり、笑顔で接するえみる(吉岡里帆)を見て、人知れずコンプレックスを感じていた。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

そんな栗橋が頭を悩ませていた利用者が中林吉徳(池田鉄洋)。姉を一年前に亡くして以来、働く意欲が全く感じられない。このままでは税金のムダ遣いにしかならないと考えた栗橋は、求職活動をするように口頭で指導。しかし中林は求職活動をしなかったため、栗橋は生活保護廃止につながる内容を文章化した“指示書”を発行。すると翌日、“指示書”を持って中林が役所を訪れた。離席中だった栗橋に代わって、中林から偶然話を聞いたえみるは栗橋に、中林は文字が反転したり、歪んで見えたりする発達障害の一つ“識字障害”だと告げる。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

「ハリウッドスターや有名人もカミングアウトしてる」とえみるが語る通り、識字障害を持った人は一定の割合で存在する。しかし、字の読み書き以外のことは普通にできるため、気付かれにくいのだ。苦しみ抜いて生きてきた中林の事情も知らず、一方的に保護を打ち切りかけた栗橋は、顔には出さないものの落ち込み、半田(井浦新)や同期のメンバーも彼女を心配する。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第7話

しかし、翌日には、栗橋は完全に立ち直っていた。識字障害について猛勉強し、中林の障害者手帳の取得を可能にした上で、理解ある就労先を見つけるために動き回る。自らの信念に従い、ケースワーカーとしてのミッションを果たそうとする栗橋。しかし、肝心の中林とは、全く気持ちが通じ合っておらず、問題はさらに大きくなってしまう。コンプレックスを克服できずにもがく栗橋に、えみるは友人として言葉をかける。

一方、えみるは、街中で娘の麻里(阿部純子)といっしょにいる阿久沢(遠藤憲一)に遭遇。2人がこれから一緒に暮らすと聞くと、「本当に良かった!」と涙を流しながら大喜びするえみる。しかし、麻里は…?

ケンカツではTVでは見られないもう一つのドラマ「チェインストーリー」を配信中です!

6話と7話をつなぐ6.5話は・・・
一触即発!?半田と京極

残業を終え、島岡(佐野岳)の件について話している七条(山田裕貴)、後藤(小園凌央)、桃浜(水上京香)。
半田(田中圭)と京極(井浦新)が対立する様子を初めて目の当たりにした3人は、その話で盛り上がっていた。そこへ噂の2人が「何の話してたの?」とやってくる。気まずさもあり、そそくさと帰ってしまった後藤と桃浜に対し、タイミングを逸し取り残されてしまった七条。何気ない会話から、またも意見が食い違う半田と京極は一触即発の事態に!?その間に挟まれた七条だったが、気が付くとまさかの展開に…!

関西テレビ ページトップへ戻る