あらすじ

生活保護の申請にあたり、親族に援助が可能かを確認する“扶養照会”を頑なに拒否し、その理由を決して明かそうとしない島岡(佐野岳)。困り果てたえみる(吉岡里帆)は、京極(田中圭)の指示で扶養照会を強行する。すると早速、行方知れずの息子を心配していた父・雷(小市慢太郎)が上京。総合病院の院長である雷には扶養の意思があることから、京極はすぐに親子を会わせるようえみるに指示するが、それを知った島岡は、ひと足早く宿泊施設から逃走してしまう。自分を拒絶する息子の態度に、「構ってほしいだけ」と笑う雷だったが、その笑顔がなぜか引っかかるえみる。そこへ、島岡が駅のホームで自殺をはかったという知らせが飛び込んでくる。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第6話

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第6話

幸い、島岡は一命を取りとめたが、緊張の走る役所。そこに雷が再び突然訪ねてくる。激しい剣幕で息子の居場所を聞き出そうとする雷の豹変ぶりに、えみると京極は驚きを隠せない。扶養照会の判断が正しかったのか、悩む京極に半田(井浦新)は「人が死ぬところだったんですよ。」と強い言葉で告げる。
自らの判断が、受給者の命の危険を招いたと感じた京極は、「この件は、全て自分の責任で対応する」と宣言。役所内でカンファレンスを開き、今後の対策について話し合うが、島岡親子が抱える問題が分からないだけに、なかなか答えは見いだせない。ショックが大きいえみるは、自分の考えを持てないでいた。

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第6話

「健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)」第6話

その頃、病院では島岡の様子に異変が起きていた。面会できるようになったと連絡を受けたえみると京極は早速、島岡の元を訪ねるが、そこで主治医から、島岡親子について衝撃の事実を聞かされる――!

ケンカツではTVでは見られないもう一つのドラマ「チェインストーリー」を配信中です!

5話と6話をつなぐ5.5話は・・・
誰にも言えない

ベテランケースワーカー石橋(内場勝則)は、担当の男性(岩谷健司)が住む“あおい荘”を訪問していた。住人は、石橋が生活保護受給者である自分たちへの真剣みが感じられないため「ケースワーカーとして、ハズレ」だと訴える。
そこへ、やってきた島岡光(佐野岳)に、担当のえみる(吉岡里帆)は「どんなことでも、本気で一緒に考える人間」だと話す石橋。えみるに対し、心を閉ざしていた島岡だったが…。

関西テレビ ページトップへ戻る