カンテレTIMES

矢野・兵動 矢野パイセンの関西弁「Uかます」に岡崎紗絵が大ハマリ!『猪又進と8人の喪女』で共演


お笑い芸人の森田哲矢(さらば青春の光)が主演と脚本監修をつとめ、岡崎紗絵がヒロインを演じるドラマ『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』の第4話が、11月14日(木)深夜24:55から放送される。(カンテレ・関西ローカル)

森田演じる編集者・猪又進と岡崎演じる女流作家・アカリは「喪女(もじょ)」をテーマに連載を書くことに。「喪女」とは、2ちゃんねるやSNSなどインターネットで話題になった言葉で、「男性と一度も付き合ったことが無い」「告白されたことがない」いわゆる「モテない女性」を意味する。全8話からなるこのドラマは、それぞれ1話ごとに違ったタイプの“喪女”が登場する。


第4話のテーマ「決められない喪女」は、自分が着る服も占いを見ないと決められない、サラダのドレッシングを何にするかも決められない、すべての選択を占いに頼りながら生きる喪女。そんな喪女・楠間藍(富山えり子)が働く工場の上司役として、矢野・兵動の矢野勝也が出演する。

矢野が演じるのは、荷物のサイズを大・中・小に仕分ける担当の藍が、大と中の区別を決められずにベルトコンベアーの荷物を何度も詰まらせ、失敗することを叱る役どころだ。矢野は「部下を怒るシーンなんですが、いまどきの子はやみくもに怒ってもダメ。指導をするにしても愛が伝わるシーンになったらいいなと思って役作りしてきました」と話す。「ドラマの邪魔にならないように、それでもツメ跡を残せるようにというのがパイセンの最大の目標です」と1シーンのみの出演ながら気合十分で臨んだ。


森田は「矢野さんは撮影現場でムードメーカー的な存在になっていました。岡崎さんもずっと矢野さんの言葉ひとつひとつにハマっていましたね」と明かす。収録場所にマイカーで到着した矢野が、駐車場の場所を確認しながらコテコテの関西弁で「あそこでUかます(=Uターンする)しかないな?」とスタッフに尋ねたのを聞いた岡崎は「“Uかます”ってどういう意味ですか?」と言いながら大爆笑。岡崎が今回のドラマで学んだ関西弁のひとつに“Uかます”をあげ、「しばらくマイブームでした」と振り返った。

ドラマ『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』第4話は、カンテレでは11月14日(木)深夜24:55~放送(関西ローカル)。BSフジでは2K版に加え4K版として全8話を2020年1月20日(月)から23:00~23:30に放送する。


■森田哲矢(さらば青春の光)コメント
今回の「決められない喪女」は女性に多いというか、占いにはまって何も決められない喪女ですね。それが過剰になりすぎてモテない。ある種、洗脳されてる状態に近いですよね。“喪女になってしまった”と言えるかもしれない。優柔不断を共感していただける方は多いかもしれないです。
上司役で出てくる矢野パイセンは撮影現場でもムードメーカーでしたね。岡崎さんもずっと矢野さんの言葉一つひとつにハマっていました。矢野さんが現場入りして第1声の「あそこでUかますしかないな?」という言葉から一言一句全部に、岡崎さんは爆笑してはりましたね。

■岡崎紗絵コメント
「豊富なメニューからひとつを選ばないといけないという、ファミレスが地獄」という、優柔不断の域を超えた「決められない」喪女ですね。でもその背景にはある“過去の失敗”があるんです。それがきっかけで選ぶことを放棄してしまった。でも人生って、選択の連続ですからね。今回のクライマックスでは、アカリのアシストによって喪女の背中を押すことになります。占いに頼ってばかりはいられない!ちゃんと選ぶ人生を!というメッセージを感じていただけたら嬉しいですね。
今回のゲスト出演者の矢野さんは本当におもしろかったです。“Uかます”はしばらくマイブームでした。これからもモデル仲間にも教えていきたいくらいです。

■矢野勝也(矢野・兵動)コメント
僕が演じるのは、工場勤務の喪女さんの上司です。1シーンだけなんですが、ドラマの邪魔にならないように、でもツメ跡を残せるようにというのがパイセンの最大の目的でございます。その1シーンは、部下を怒るシーンなんですが、いまどきの子は、やみくもに怒ってもダメ。指導をするにしても愛が伝わるシーンになったらいいなと思って役作りに挑みました。いまは役者モードなので、面白いこと言いません。あ、すみません、芸人のときにも言いませんね。わお!
今回の脚本、なかなかおもしろいです。1話完結ですし、途中から見ても楽しめると思うので、是非ご覧ください!

■喪女・楠間 藍 役 富山えり子 コメント
今回のドラマの出演が決まって、とても楽しみにしていました。藍の役については、ここまで大げさなことはなくとも、気持ちが分かる部分もあるなと思います。ついつい占いを見てしまう、選択を占いに頼ってしまうところも、ちょっと共感します。現場では、森田さんをはじめとしてスタッフさんも含めとても楽しく、気持ちよくお芝居させていただきました。猪又さんとアカリ先生の関係性もすごくいい感じに出来上がっているのが伝わってくるので、そのあたりも楽しみに見ていただきたいですね。

【番組概要】
タイトル      『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』
放送日時       毎週木曜 24:55~25:25 全8話(カンテレ・関西ローカル)
         BSフジでは初回2020年 1月20日(月)23:00~23:30スタート 毎週月曜全8話
脚本        山田能龍 竹村武司 玉田真也 渡辺佑欣
演出        田中耕司・近藤匡・石田陽希(カンテレ) 的場政行
脚本監修      森田哲矢    
プロデューサー   木村弥寿彦・脇田直樹(カンテレ)
制作著作       カンテレ・BSフジ
公式HP      https://www.ktv.jp/mojo/

【キャスト】
猪又進     森田哲矢(さらば青春の光)
アカリ     岡崎紗絵
京橋正樹    納谷 健 
寺田綾子    小寺真理
福島由秀    森脇健児
今宮剛志    山本浩之
西口         東ブクロ(さらば青春の光)

第4話    
楠間 藍        富山えり子
工場の上司      矢野勝也(矢野・兵動)
中村沙耶    峰松布美

関西テレビ ページトップへ戻る