第9話に赤ペン瀧川の出演が決定! 謎の作家“楠瀬凛”の担当編集者・中松を熱演!

最新情報NEWS

2021.09.06

第9話に赤ペン瀧川の出演が決定!
謎の作家“楠瀬凛”の担当編集者・中松を熱演!

赤ペン瀧川、中島健人

赤ペン瀧川が演じるのは謎の作家“楠瀬凛”の担当編集者・中松

赤ペン瀧川は、“ドラマプレゼンター”としてTV、ライブ、コラムなど多方面で活躍。スライドとトークを用いてさまざまな添削(ツッコミ)を行っている。「彼女はキレイだった」でも、毎話まとめ予告動画を作成し、そのユニークな切り口が話題に。今回は、謎の作家“楠瀬凛”の担当編集者・中松として、中島健人との共演を果たした。
瀧川は「自分が毎週紹介しているドラマに出演するという経験があまりなかったので緊張しました。ドラマを見続けているので、“本物の宗介が来た!”ってなりました(笑)。中島健人さんがいるというよりは長谷部宗介がいるという感じでしたね」と中島との共演について話した。小芝についても「ハッピーなオーラというかキラキラとしていてめちゃくちゃかわいかったです。あと、私のスライドをすごくほめて下さって…すごくうれしかったです(笑)」と話した。
また、ドラマについて「やっぱり展開が早いということと、それぞれがちゃんと悩んで苦しんで自分の殻を破っていくという恋愛ドラマでありながら、成長ドラマである部分もちゃんと描かれているので、僕自身、楽しんで見ています。胸キュンキラキラ系だけで終わらない、仕事・仲間・生き方・愛し方などがセリフだけではなく演技の部分でも描かれているので、見ごたえがあるドラマです」と話した。