関ジャニ∞のジャニ勉

毎週水曜 深夜0:25~1:20

4月11日(水)

ゲスト

山田邦子、石黒英雄

山田邦子

石黒英雄

ウワサの頑固店長 リポーター

藤原丈一郎、草間リチャード敬太(関西ジャニーズJr.)

内容

ゲストは、山田邦子と石黒英雄!
山田邦子の頑固道は、「一番の癒しは、リカちゃん人形でのごっこ遊び」。山田の自宅のリカちゃん人形コレクションも公開!
石黒英雄の頑固道は、「掃除は、絶対に“ながら掃除”!」。安田章大と大の仲良しという石黒が、“ながら掃除”の必須アイテムをスタジオで紹介。画期的なお掃除グッズの数々に∞も興味深々!渋谷すばるもエプロンを着用して、石黒のアシスタントに!?

ウワサの頑固店長

「ウワサの頑固店長」のコーナーは、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎と草間リチャード敬太が、京都で「カエルが好きすぎる店長」を取材!

指さし道

セットのバーカウンターを使って、「お互いをどう思っているのか?」を赤裸々トークし、∞メンバーの素顔をあぶり出すエンディングコーナー「指さし道」も!
今回のテーマは「等身大∞人形発売。自分の部屋に飾りたいのは?」。「自分しか嫌や」と自分を選んだメンバーは?

2 / ∞

関ジャニ∞が関西のええやんを求めて街ブラするロケコーナー「2/∞」は、大阪・ミナミ界隈で丸山隆平&安田章大が街ぶら4週目で最終週。関西ジャニーズJr.時代に、よく買い物や食事で来ていたという2人。ミナミ界隈で、どんな「ええやん」が認定されるのか?ありえないトッピングのカレー&苔の専門店へ!

ロケ・収録後コメント

丸山隆平&安田章大「2 / ∞」 大阪・ミナミ界隈ロケ感想コメント

丸山隆平コメント

Q.今日は場所が難波ですけど、結構いらっしゃってたみたいなことをオープニングでおっしゃってましたけど。
そうですね。割と馴染みのある街なので。でも、今回紹介する所は、全く知らないとこばっかりやったので。よっぽどほんまに知ってるとこしか行って無かったな~って思いましたね(笑)。

Q.難波の中でもミナミって広いですけど、心斎橋とか松竹座付近が多かったってことですか?
そうですね。うん。そんな感じだったかな~。

Q.東京に拠点移された後も、大阪いらっしゃったら難波、ミナミとかは?
あんまり人が多い所には行くのは少なくなりましたね。でも松竹座とかでジュニアちゃんがやってるライブとか観に行く時とかに、近所でうどん食べたりとかしたりはしてますよ。

Q.指スケのスケボーのとこ行きました。あそこはどうですか?
思ったより楽しかったですし。結構ね、難しいけど、暇を持て余している時とか待ち時間とかに確かにいいな~と思いましたね。

Q.ドローンミュージアムに行ってみました。ドローンを触られたことって今までありました?
番組とかで出てきたりとかがあったり、ミュージックビデオでね、利用してる場面に出くわしたりっていうのはありました。でも、ああいう形で操縦したりは初めてで、純粋に楽しかったですね。遠隔で操作出来るように技術も色々と発達してるんだな~っていうのも感じられて。テクノロジーの力は凄いな~と感じましたね。

Q.手の上げ下げだけで、うごくなんて、ほんまにすごいですよね。
ね!もっと精密になっていくんですかね~。ほんまにすごいね。

Q.フレア。世界一日本一の方のやってられるバーということで。丸山さんはフレアをされたことはありますか?
ないですね。初めての体験です。ああいうショーがあるのも、何となくしか知らなかったので。で、あれがフレアって名前っていうのも知らなかったんで。体験も、なかなかそんなに出来る事じゃないでしょうし。一瞬でも、一部やけど、ああいう経験できて楽しかったですね!

Q.プロデューサーが教えてもらっている姿をみて『ほんじゃに!』の頃みたいやったから懐かしかったって言ってました。
うん!体験ものはやっぱりなんにしてもいいですよね~。うん。

Q.苔の専門店に行ってみました!
時間がね~あんまり無かったのもあったから~。凝ったもの出来なかったですけど。でも何かにやっぱり集中するって色んなこと忘れられたりもするし。ああいう体験ものっていうのは、何かものを作ったりするっていうのは、やっぱり好きな方なのかなって実感しましたね。ちょうど家のトイレに置けるスペースがあったんで、欲しいなって思いましたね。もっと色々見て回れるんやったら見たかったなって思いました。まぁでも是非ね、苔もまだまだ知らない人もいると思うんで。もしね、観て興味が湧いたら行ってみるのもいいかも知れないですね。

Q.植物を育てたりされてます?
全く無いですね。家を空けることも多いし、面倒を見る保障が出来ないとかわいそうだからね。生きてるからっていうのもありますね。

Q.裏難波にある人気海鮮丼でトロをいただきました!
美味しかった~!やっぱり大阪は安くて美味しいものがあって、店員さんも活気があって。とてもアットホームな雰囲気のお店で近所にあったらいいな~っていうお店ですよね。

Q.日替わりのメニューを丸山さんが「大人の紙芝居」って言われて。やっぱり表現が面白いなって思いました(笑)。
変なヤツでしょ~。

Q.えっ!全然そんなことないです~。。。(笑)
うそうそ、冗談やのに~。そんな否定されたら(笑)。

Q.変なヤツじゃないですよ!
変なヤツですよ(笑)。

Q.やっぱり、丸山さんは楽しいなっと思って。
ありがとうございます(笑)。

Q.あり得ないトッピングのカレー屋さんにも行きました。カレーは丸山さんお好き?
好きです!でも、あれは好き嫌い別れると思うわ。うん。クセが強いですから(笑)。でも、章ちゃんが言ったように「海外のそういう文化によってはあるような料理のような感じがする」って。言ってることにすごくなるほどな~と思いましたけど。僕はやっぱりちょっと子供舌なので(笑)、あまりああいった複雑な味のものは、容量オーバーって感じです(笑)。まぁでもね、アトラクション的にみんなでワーって言いながら楽しみながら食べるのはいいかもしれないですね。

Q.食べ物を一番美味しい状態で食べるということを丸山さんは大事にされてるな~っていつも思っているので。やっぱりカレーはシンプルな方が好き?
そうですね。でも女性とか、また味覚が違ったりするから、ね?でも店主のメニューを作った理由もね、可愛かったな。そういう人柄も含めてあの店の魅力じゃないですかね(笑)。

Q.謎ともカフェ。楽しんでられましたけど、いかがでしたか?
なんか新鮮でした。ああいうシチュエーションものも楽しいなと思いました。友達と仲を深めたりとか、カップルで仲を深めたりするのにはいいなと。でも、あれケンカになったりする可能性もありますよね?「もうちょっとちゃんとして!」みたいな(笑)。でも、謎解きの番組とかもあったりしますから。そういうのを彷彿とさせて楽しかったですね。今回挑戦したのが、初級にしたら難しいなと思いました。でも何回か通ってね、解くんでしょうね!

Q.今日は安田章大さんとペアでしたけど、安田さんとだと街ブラされてる時の会話が弾んで。丸山さんの場合は、どのメンバーさんともすごく会話されますけど、特にやっぱ多いな~と思って聞いてたんですけど。
あっそうですか?!最近、章ちゃんとめっちゃロケ行ってるから~(笑)。

Q.そうなんですか?
そうやんな~?
安田:うん!
別の番組でも、意外と二人のロケ中心だったりするから。なんか息も合ってましたし、ちょうどめちゃめちゃ温まってる状態で、∞ロケということで。タイミング的には良かったんじゃないかな(笑)。後、章ちゃんとやと、結構どうでもいい話が出来たりとかもするし。僕の変な事とかにも楽しんで付き合ってくれたりするから。ほんまにプライベートよりプライベートな感じがして、楽しいですね。

Q.それがテレビで観れるのが嬉しいです。
ありがとうございます(笑)。

Q.前に安田さんと∞ロケに行かれたのがちょうど二年前なので。
そうなんや?!そんな前?

Q.ウツボ公園で色々やられてからもう二年なんだな~早いな~と思っております。
はい…何、それ感想(笑)?うん、感じたことを言ってくれたんや。ありがとう(笑)。

Q.今回∞ロケ、ミナミということで人通りも凄い多い中、一応 This is 大阪の一つをまわりましたけども。丸山さん的な今日の見どころをお願いします。
この丸安コンビの独特の間と遊びと。やっぱり章ちゃんと一緒にまわってるとヒューマンというか、人の温かさだったりとか、出会いとか。偶然、イレギュラーなことが起こったりするなあと日改めて思って、楽しかったですし。ほんまに人が好きなんやろな~っていうのを感じれて、僕もなんかあったかい気持ちになったので。そういった人と人との繋がりとか。章ちゃんがいたからできたことが多くて。そういう部分も含めて楽しんで頂ければなと。で、難波に行きたいなと思って難波を楽しんで頂けるきっかけになったらと思います。よろしくお願いします!

Q.ジャニ勉がリニューアルして、3月で1年になります。頑固道になって、トーク中心、大人系になって一年なんですが、どうですか?
うん。このまま順調に続いて行って、いつの間にか2年3年4年と経って、より長寿に向けて勉強しながら、進化しながらやっていけたらなと思いますね。

安田章大コメント

Q.今日、ロケの場所がミナミということで、いかがでしたか?
なんかやっぱ来た事ある場所の割には、知らん事が山ほどあったんかなって感じですかね。全部知らなかったんじゃないかな。

Q.前は、めちゃくちゃ来てたっておっしゃってましたよね。
買いもん行ったりもそうやし、特にアメ村は、関西の子達の遊び場所っていったらアメ村ですしね。難波、アメ村、心斎橋じゃないすか?うん。

Q.歩きながらジュニア時代のお話とか出てきてたので、記憶がよみがえるんやな~って思ってました。
それはそうですね~。あの時にここで服買ってたなとかもすっごい思ったし、あの時にそれこそマルと、あとメンバーも何人かいましたけど、ここで飯を食ったなとか、ここで何か色んな遊びして来たな~って。思い返す事が山ほどあります!

Q.東京に行かれてからも大阪に帰ってきたときには、ミナミには来られます?
いや~。ミナミはあんまりかな。地元に帰る事の方がやっぱ多いのかなぁ。あと松竹座に行く事があったらその近辺とかは行くけどね。うん。

Q.湊町リバープレイスでオープニングを撮りましたね!
あそこはラジオでね~。そう。よく。あそこ、なんばハッチがあるじゃないですか。で、FM入ってますよね?だからそのFMでCD出した時とかに告知とか、ラジオに出させてもらう時の収録に来たりとかしてましたね。

Q.じゃあ、ちょっとそういうのも。
懐かしかった!うん。思い出しました、その時のことをね。

Q.いつぐらいの時ですか?
いや、ゆうても片手以上は経ってるから。ん~確実に片手以上経ってるとは思うけど。分からん(笑)。

Q.一二三屋というスケボーの指スケのとこ行きましたけど、安田さんスケボーされてたんですか?
いやいや、ほんまにもう自分で坂道滑って。で、出来るかな~とかって自力で練習してただけです(笑)。

Q.スケボーと言えば亮さんっておっしゃってましたもんね。
そうそう。スケボーは、なんか亮のイメージかな。あとメンバー同士で大倉と亮と俺とか、ライブの合間とかに板で練習してた時あったと思う。

Q.あっ、そうなんですね。
うん!

Q.それは∞さんになられてからですか?
なってからっすね。

Q.今回やった、指での指スケってどうでした?
いや~まぁ(笑)。実体験で言うと普通のスケボーの方が楽しいかな(笑)。うん。やっぱり僕は体動かす方が楽しい。あと…細かすぎて難しい(笑)。でもあれは昔から流行ってるのは知ってたから。うん!で、難しいのも知ってたし、うん。

Q.じゃあ、初めて挑戦できたんですね?
初めてしました!で、やっぱり難しかった(笑)。

Q.ドローンミュージアムで、ドローンに触ってみましたが、初めて?
初めてですね~。

Q.いかがでした?
専門家に任した方がいいな~と思いました(笑)。

Q.でもあれって凄く貴重な経験ですよね?カンテレのカメラの人でも触れる人間は数えるほどですよ。
あ~やっぱりそうなんですね。できひんな~っと思いましたね。ああいう風に何か技術が進んで。確かにあれのお陰で色んなものが撮れるようになってたりとかするから。自分達のライブとかにも使用出来たらな~なんて思ったりしますね。

Q.世界一のパフォーマンスのフレア。あれも初めてですか?
あれも初めて!

Q.初めて尽くしですね(笑)。
うん(笑)。世界一と日本一がおる所の時点で驚愕でしたね。この通りも通った事あったけど、もちろん知らないし~。

Q.お二人が挑戦するにあたって、パッとやってちょっと練習して頭に入れてすぐ出来るっていうのが、改めて凄いな~と思って見てました。
めっちゃへっぽこでしたけどね~(笑)。自分でやってて思いましたけど。なのでオンエアは確認したくないな~っていうぐらいですかね。へっへっへ(笑)。でもあんな風に一緒にさせてもらえるタイミングは無いので。

Q.安田さんもパフォーマンスを見て感動したって言われていたから、究めた方と一緒にやられると、感動が生まれるのかなって。
そう!あの人達のクオリティーの高さを知るから感動するんでしょうね。うん。生半可じゃない感じでやってるから。普通にこなしてるけどね!凄いことじゃないですか。あれ出来ないからね、普通は。

Q.フレアの世界一のパフォーマンスを習っているお二人を見て、プロデューサーが「『ほんじゃに!』時代を思い出した」と言ってました。
言ってましたね(笑)。当時、よくチャレンジもんやってきたからですよね、きっとね。
教えてもらって、挑戦してやってみるというのをやってきましたね。沢山ね。やっぱり色々と参加して、させて頂けることがありがたい。で、どんな風に映っているか分からないですけど、何か汗水たらしながら、今回はそんなめっちゃハードに動いている訳じゃないけれど、こう一所懸命汗水たらしながらやる姿っていうのが、なんか一番人に届くものではないのかな~と思うので。前に亮とのロケでやったフラダンスとかもそうですけど、なんかああいうのって大事なのかなって思ったりはします。今回は、僕たちは何も出来ないのに、あの領域に入れてくれて感謝しています。

Q.聖域やっておっしゃってましたよね。
そうですそうです。そういう印象があるんっすよね、やっぱり。ああいう所って。

Q.仕事場だし、見せ場ですもんね。そういう気持ちが大事なんですね。
ね~、やっぱり。そこに踏み入れるのはね~と思いながらも、やっぱり僕らは機会を与えて頂けて有難い。そういう仕事をさせてもらえてるんで。それはそこに甘えながら、入れさせてもらおうみたいなことは思ってますけど。

Q.苔の専門店行きました。かなり楽しんではりましたね。
そうですね~。やっぱああいう風に創作すること自体がやっぱり好きなんで。あんまり無駄に難しく考えるんではなく、思い付きでやらさせてもらいましたし。面白かったですね。

Q.安田さんが発表されたテーマに驚きました。ようそんな言葉が思いつくなと(笑)。
(笑)。たまたま思い付いて、あ~そんな感じかな~なんて思いながら。OAを楽しみにしてください!

Q.裏難波の人気海鮮丼にも行きました。すごいボリュームでした!
あんないいものを出し続けてたら、いずれ大変なことになってしまうんではないかっていうような心配するぐらい。美味し過ぎるし、価格が安過ぎるし。あんなお店があったんすね、全然知らんかったっす!ほんとに。

Q.でもやっぱり、あの店でもヤスくんは、ステキな出会いを引き当てますよね?
たまたまね!向こうがおってくれただけなんすけど(笑)。

Q.いやいや(笑)。なんかこういうサプライズが多いなと思って。何年ぶり?
13年か14年ぶりぐらいと思いますね。

Q.亮さんの先生と会った時も一緒でしたし。
まぁあれはね~たまたま、ほんま(笑)。あれもたまたまですね。でも、スゲーよね。

Q.ほんまにすごいね。卓球の時もね、先輩に会ったし。
そう…あっ!そうっすね!そうやわ~。そうそう。

Q.ヤスくんは、引き当てるんですね、人を。
出てくる(笑)。皆そこに来てくれてありがとうございます(笑)。

Q.あと、カレーにも行きました。
なかなかでしたね(笑)。一口目はマジで衝撃が走り過ぎて、僕は食べられないんじゃないかと思いましたね(笑)

Q.本当ですか?
はい。。。

Q.「日本のものじゃない」と食べた感想をおっしゃってました。
はい!海外のもの、最終的には海外の食べ物に凄く近いんやな~と感じました。説明した通り、葉っぱで作る蒸したバナナの料理みたいな。

Q.食について、結構安田さんはこだわられる方ですか?
いやいやっ、そんな!食べれたら結構なんでも良かったりするタイプなんすけど。もちろん美味しい物が好きだし、なるべくなら美味しい物を食べていたいとは思いますけど。一日中ご飯が食べれなくても、お腹が減ってイライラするとかって無い人なんで。うん。あんま気にしないっちゃ気にしないですね。

Q.変わり種のものとかってあるじゃないですか?今回のカレーみたいにトッピングしたりとか、味を変えて食べるとかはどうですか?
そういうのとかは全然平気っすよ。うん。気にしない。

Q.じゃあ、美味しいよって出されたものを食べるのが好きなタイプ?
そうそうそうそう!そうっすね。

Q.「謎ともカフェ」。謎かけの謎ときができる店で、意外にもめっちゃ楽しんでられました。
なかなか解けなかったね~(笑)。あれ解かなアカンわって思ってやってたんですけど~。

Q.なかなかね、あれは。
解けなかったっす!

Q.時間限られると難しいですね?
うん。そもそものゲーム、あんなむずいんやって事にビックリしました。難しかった!スゲー楽しかったですけどね。

Q.メンバーの組み合わせにもよるっておっしゃってましたね。ヤスさんとマルさんのこのお二人だとのんびり系だと。
そうっすね。確かにな、そんな急ぎはしなかったもんな。やっぱり、亮と村上くんが急いで考えるタイプやから、あってるかもね。

Q.今回、丸山さんとペアでしたけど、いかがでしたか?
ゆったりゆったりと。やっぱり長い付き合いなんやからなんかな~。フリーなトークが伸び伸びと。マルのおもしろいところ、マルの不思議なおもしろいところとかっていうのがすごく見てて楽しいから(笑)。それが今回もいっぱい出て欲しいな~と思いながらやってました!

Q.2年ぶりですね。ウツボ公園行ったのがちょうど2年前の2月なので。あれ以来でした。あの時は、陶器のお店に飛び込みで行きましたね。
はいはい、ありましたよね!色々と飛び込みでも行けたらいいな~って。転がっているおもしろいものも多分沢山あると思うんで。ちゃんとリサーチしていない所、行く予定の場所以外の所も行けたらいいな~なんていつも思いながら、なんかやってますけど(笑)。

Q.いつも面白いものを探しながらロケしてる、歩いてるって感じですか?
ん~、面白いものとか興味あるものとか、視聴者の方が観てたらこれ気になるものは何かな~?なんて思いながら。自分も気になるもの探してみたりって感じっすかね(笑)。

Q.今日は一日ミナミをブラブラしましたけど、安田さん的なロケの見どころをお願いします。
変わってる。大きく変わっていってる。僕ら世代の、僕と同い年ぐらいの子達が昔よくアメ村で遊んだな~とか難波行ったな~とか心斎橋行って遊んだな~とかっていう人達が僕と一緒の年代でおると思うんですけど。ミナミが変わり過ぎてるから、また新しい色んなものが出来てたりするから、もう一回、改めて散策するのもいいかもしんないっすね!

Q.大人になってもう一回行ってみる価値があるということ?
大人になっていい歳になってからじゃないと楽しめないものもあると思うし。年相応の飲み方ができたら楽しいし。だから、うん。かな(笑)?

Q.ジャニ勉がリニューアルして、頑固道、大人、トーク中心に変わって、3月でもうすぐ1年になるんですけど、いかがですか?
色んな人をゲストに呼んで下さるんで。で、人それぞれによって空気感が大きく変わってくる番組システムやな~と思うんですよね。

Q.そっか。ゲストの方によって違ってきますよね。
うん。ゲストによって違うと思うんで。まぁそれが大きく分かりやすく出やすい番組だし。いい意味で、それは流れが決まってないってことやから。なんか、一色じゃない番組作りって面白いかなって思いますけどね。

Q.一つの色じゃない、一色じゃない番組作り。なるほど。∞さんもその場に合わせてというか。
そう。ゲストさんの話を聞きながら思うことですね。

Q.安田さんって結構台本読んで臨まれるタイプですか?
いやっ、そんなガチガチじゃないっすね。流れだけは頭に入れてる。

Q.現場の雰囲気にちゃんと合わせながら。
うん。そうっすね。メンバー皆、そんなんじゃないっすかね(笑)。

草間リチャード敬太&藤原丈一郎(関西ジャニーズJr.)
「ウワサの頑固店長」ロケ感想コメント

草間リチャード敬太コメント

Q.今回のテーマは「カエル」でしたが?
衝撃でしたね。自分の知ってる世界じゃないというか。何かに特化して好きなものがあるという人は友達にも結構いるんですけど、あそこまでちゃんと集めてたり、徹していたりする人ってそうそういないので、逆に尊敬じゃないですけど、そこまでやれるってすごいなって。けど、やっぱりみんなビックリするやろなって思いました。撮影が止まっているときでもそのキャラを守ってるから、そこまで徹してるんや!と思って。すごい。僕もやっぱり、オンとオフではないですけど、ワーってやってるときと普通のときがあるので、それも境目なくずっとやってるのが“すご~い!”と思って。

Q.本物のカエルも触っていましたね(笑)?
もうねえ~。はじめ、僕はカエルが二匹入ってると思ってたんですよ。片方は石やったんですけど。“え、マジか!”と思って。ポンって乗せられた瞬間の感触がまだ残ってますもんね。生あたたかくて、ちょっと皮のたるんだおじいちゃんのヒジを温めて手に乗せた、みたいな感じです。すごい柔らかいプニってしたあたたかいもの。めっちゃ生々しい、感触がすごい生々しかった。けど、ちょっとかわいかったな。動いてる感じとか(笑)。

Q.あんなに大きいカエルは触ったことありました?
それが、あるんですよね(笑)。僕、地元で小学校や中学校くらいのときは田んぼでよう遊んでたので、ウシガエルをよう触ってて、それのほうがデカかったといえばデカかったんですけど、それはやっぱりちっちゃいときやから。今はムリやなと(笑)。ちょっとキツイものがありましたね。ほんまに久々ですよ。ヤモリとかはいけるんですよ。ちゃんとした皮膚のやつはいける。ムニョンとしたのはキツイですね。

Q.今回のロケの見どころをお願いします!
店主の方のしゃべり方ですかね。「ケロっ」て言ってるところと言ってないところの使い分けというか、「あれ、忘れてるね?」みたいな(笑)。なりきれていないところをあら捜ししてほしいなと(笑)。

Q.このコーナーはスタジオで∞さんが見てツッコむことが多いのですが、∞さんに伝えたいコメントはありますか?
「出だしだけになってないですか?」って。一発目、出だし、オープニングはめっちゃ気合が入っているんですけど、(福本)大晴の時もそうやったらしくて、大晴も出だしバーンいって、そっから全然しゃべらんみたいな感じやったから(笑)。その辺は気をつけなあかんなって思ってたので。僕たちっていうか、「僕、大丈夫ですか?」って(笑)。

Q.コーナーへの意気込みをお願いします。
やっぱり、もともと違うコーナーとかでもジャニーズWESTが一緒にやってたり、僕らがやってたりとかあるんですけど、その中でも新しくなったコーナーで、∞さんもちゃんとイジってくれるというのがあるので、安心してみんなでボケられたらなって。やるごとにドンドンみんなのスキルもあげていけたらなって思いますし。そこでもっと発見される子とかも出てきてほしいなって。いろんなところに。

Q.ライブで∞さんのバックに?
ついてましたね。

Q.その経験はやっぱり大きい?
そうですね。やっぱ、ふとしたときとかでも全部笑いに変えてくれるので、∞さんは。それですぐイジってくれるので。ほんまに、コンサートに出てる時よりも裏側にいるときのほうが、すごい、修行じゃないですけど(笑)。“そこでイジられるんだ…”って、返しを考えるのに必死みたいなことがあったので。ずっとアンテナを張っとかなあかんっていう。

Q.∞さんは関西Jr.の皆さんをとても誉めていらっしゃいましたよ。特に打ち上げでのパフォーマンス!
楽しかったですね。本気でなんかやれるっていうのはすごいいいなぁって思うんで。一個一個を本気でやるっていうことを、もっともっとちゃんと心に刻んどきたいなって思いました。

Q.リチャードくん自身の譲れないこだわりは?
行きか帰りのどちらかは、絶対、一駅分歩く。行きに早く出られたら、一番近い駅よりも一個先の駅まで歩くんですけど、帰りやったら、一個の駅の違いでも大阪からやと安かったりするんですよ。だから一個前の安いところで降りて、そこから歩いて帰るっていうのはしますね。

Q.運動のためと節約のため?
歩くのは好きなんですよね。

Q.京都の一駅って結構あるのでは?
ちょっとありますね。20分くらいかな。ほとんど毎回してるかな。

Q.ステージに立つ前に必ずやることは、あります?
声を出す!「はっ!」って言う。緊張してるなっていうときも「はっ!」って言ったら緊張してる気持ちが抜ける気がして、言ってる気がします。あんまり考えてないですけどね。大阪城ホールやったら階段の下とか、松竹座やったら袖中でやってますね。

Q.リチャードくんの売りは?
やっぱりボソッと言ったひと言ですかね。意図せず言ったひと言(笑)。あとはまあまあ、目立つことですよね。僕は目立つとこ。まあ、う~ん、容姿的なところで言ったら髪の毛かなと思いますけど。売りな部分が多いです、僕。ここもここも見てほしい、みたいな(笑)。

藤原丈一郎コメント

Q.今回のテーマは「カエル」でしたが?
お店に入る前からビックリしましたよ。“カエル出没中”みたいなことが書いてあって、ほんまにカエルがいましたしね。360度カエルで。京都でああいう店を開くっていうのもすごいですし、「カエルが好きやから」って言うけど好きやからっていうレベルじゃないやないですか。好きなものを仕事にして。
お好み焼きもすっごい修行されたりしていて、一品一品がめっちゃおいしかったですね。だから地元の人に愛されてるのかなとも思いましたし。ただ、最初の15分はね、見慣れないです(笑)!リチャードは時間が経ったら「見慣れてきた」って言い出したけど。リチャードがだんだんカエルに見えてきそうな(笑)。だからみどころは、あの個性の強いリチャードが、まさかケロッたの店長に負けるとは!っていう(笑)。まああれはもう、個性とかじゃないと思いますけどね。ご自分でも言ってましたけど、生まれ持ったもの、前世がカエルって。カエルとリチャっていう強い個性が、あっちにいったりこっちにいったりというのができたと思うので、断トツで個性は強かったですね。

Q.このコーナーはガッツリスタジオで∞さんが見てます。
そうなんですよね。

Q.見てもらいたいところやアピールしたいところはありますか?
そうですね、普段はリチャード、(室)龍太くん、僕の3人で漫才をしてるんですけど、漫才をしてるっていうのは横山くんとかも知ってくださっているので、僕ら二人になったときはやっぱり“ツッコミがおらん”って思うと思うんです。でもそこは、リチャードがボケで僕がツッコミで、やっぱりお笑いが好きなんやって、“お笑いが好きなんや”って思ってくださったら、それが一番うれしいですね。VTRを見て、「コイツら絶対お笑い好きやろ?」って(笑)。

Q.アイドルやのに(笑)?
「アイドルやけどお笑い好きなんや」って言ってくださったら、一番うれしい言葉ですね。
歌謡祭のバックで、僕、ほんとに久しぶりに∞さんのバックについて。ツアーもついてなかったですし、ほんまに久しぶりで。昔はずっと松竹座のときとかにつかせていただいてたので、久しぶりで。やっぱりオーラがちゃいますね。そこで僕らがオーラに圧倒されてたらダメなので、そこはもう“関西Jr.らしくいこうぜ!”と。

Q.頑固店長コーナーへの意気込みは、いかがですか?
そうですね。全体的には関西Jr.は、東京のJr.と違って、大阪なので笑いを求められることが多いんですけど、与えられた仕事をしっかりこなせるというか、こなそうとするので。『ジャニ勉』以外にも、MCとかでお笑いの強化、練習みたいなことをしているので(笑)。そういう部分をテレビを通して視聴者の方々に見ていただいて、“関ジャニ∞は面白いけど、関西Jr.もやっぱり面白んやな”って思っていただけたら。“関西って面白いねんな”っていうイメージをしっかり叩き込んで、知名度をどんどん上げて、「『ジャニ勉』好きやけどあのコーナーも好きや」ってコーナーとしても見てくれたらうれしいです。

Q.丈一郎くんの譲れないこだわりは、あります?
これは譲られへん?どんなときでも、朝ごはんを食べないです。普段から朝ごはんを食べないんですよ。こだわりというか、もうここまで食べてへんかったら、これから食べてもお腹がビックリするんやないかって。“こんな時間になんで入ってくるんや!?”って。だから、コンサートの日でも、“コンサートやから朝ごはん食べよう”とも思わず、食べないです。

Q.何歳ごろからですか?
小学校くらいから。

Q.Jr.に入った低学年の頃から?
そう、もうずっと。別に朝ごはんって…。小学校のときはおにぎりと卵焼きみたいなのがぽんと置かれてたので、それを姉ちゃんと食べたり食べなかったりやったんですけど、中学校からはほんまに食べず、今もずっと食べてないんです。逆に食べたら重たくなる。自分の中でそう思い込んじゃってるので。だから、よう本番中はお腹が鳴ってます(笑)。

Q.丈一郎くんの売りは?
“ジャニーズなのに、どの道行ってるの!?”みたいなところですかね。お笑いを。生田斗真くんやったらジャニーズの中でも俳優、櫻井翔くんやったらキャスターとか、いろんな方向があると思うんですけど、僕が一番好きなのは野球とお笑いなので、それを両方伸ばして。関ジャニ∞で言うたら村上くんが、断トツでバラエティーのイメージがあって、周りの人も「関ジャニ∞やったら笑いは村上やろ」みたいなことを言うので、ジャニーズを知らない人でも、「アイツ芸人みたいやな」って言ってもらえたらうれしいです。お笑いにいけばいくほど、ジャニーズとして立ったときにギャップが出ると思うので。村上くんもステージに立ったらやっぱりジャニーズなので。だから、僕も“お笑い芸人みたいやけどステージに立ったらやっぱりジャニーズやな”って言われるように頑張りたいです。

Q.主演舞台も頑張りましたね。
それは「ジャニーズやな」の方ですね(笑)。舞台は「ジャニーズやな」で。右と左をしっかりと、うまいこと頑張っていきたいと思います。

Q.丈くん自身の、ステージ前にやるこだわりはありますか?
そうですね、基本的に、みんなで確認するときもあるんですけど、コンサートとかバラエティーとかでは、一人で壁に向かってぶつぶつ言ってます。それが一番落ち着くんですよ。頭の中で確認するより言葉に出したい。絶対一人で、「なんちゃらなんちゃらで、なんちゃらなんちゃらで…」って。オレ、よう言うてるよな?

リチャード:言ってる。ほんまに言うてる。壁に向かって。全部表情付きなんですよ(笑)。

アハハ!一人リハーサル、毎回してますね。行き当たりばったりというより、基本はベースを考えて。あとは行ってその時に応じて。僕はそういうタイプですね。何も考えてなくて出るとかじゃなくて、ちょっと考えて。「ここでこう」って決めてる訳でじゃなくて、全体的にベースはこういう感じでいこうかなぁみたいな。そこで、そこからまたみんなとしゃべってたり、コンサートしてたりすると、いろんな方向から来るので、その時に応じてって感じですね。

関西テレビ ページトップへ戻る