関ジャニ∞のジャニ勉

毎週水曜 深夜0:25~1:20

※2月21日(水)の放送は、深夜0:30~1:25です。

2月21日(水)

ゲスト

横山だいすけ、鈴木福

横山だいすけ

鈴木福

ウワサの頑固店長 リポーター

藤原丈一郎、草間リチャード敬太(関西ジャニーズJr.)

内容

ゲストは、横山だいすけと鈴木福!
横山だいすけの頑固道は、「卒業したけど、一生“うたのおにいさん”でいます!」。9年間も“うたのおにいさん”として活躍し、大人気のだいすけお兄さんが素顔と舞台裏を大告白!
鈴木福の頑固道は、「分からないことは、すぐ大人に聞く!」。スタジオでは、大人に聞きたい質問を∞に直撃!さらに「亀梨さんみたいになりたい!」と福くんの目標は亀梨和也!?

∞の頑固道

∞がこだわりを話す「∞の頑固道」では、渋谷すばるが「東京のソバは、美味しいと認めない!」。関西出身の渋谷が、東京のソバに物申す!

ウワサの頑固店長

「ウワサの頑固店長」のコーナーは、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎と草間リチャード敬太が、「儲けよりも○○命!」の店長を大阪で取材!

指さし道

セットのバーカウンターを使って、「お互いをどう思っているのか?」を赤裸々トークし、∞メンバーの素顔をあぶり出すエンディングコーナー「指さし道」も!
今回のテーマは「自分が超大型特番のプロデューサーなら、誰を一番に“仮押さえ”したい?」。

2 / ∞

関ジャニ∞が関西のええやんを求めて街ブラするロケコーナー「2/∞」は、渋谷すばる&大倉忠義のペアが兵庫・西宮界隈を街ブラ2週目!天才だらけのスーパー幼稚園にびっくり仰天!

ロケ・収録後コメント

渋谷すばる&大倉忠義「2 / ∞」 兵庫・西宮界隈ロケ感想コメント

渋谷すばるコメント

Q.西宮の∞ロケの感想をお願いします。
西宮。楽しい街でしたね。甲子園は、好きな人にはたまらんねやろなって思いました。

Q.甲子園いかがでしたか?
甲子園ね!僕自身は、1回ジャケットの撮影とかで行ったくらいですけどね。今回、甲子園のミュージアムで初めてVRを体験して、楽しかったです。最初、「入場料が600円って高いんちゃうか?」と思ったけど、あんだけ楽しめたら安いんじゃないですかね(笑)。ドラフトの名前出るやつとかも、好きな人はもうたまらんやろね。大倉とのペアも楽しかったな~。

Q.ミニチュア模型のところにも行きました!
はい、楽しかったですね。

Q.すばるさんは、∞ロケでコネコネしたりするのが多いなと(笑)?
そうですね(笑)、あんなん楽しいですね、作るの。得意?いや~そうでもないですけど(笑)。作るのは楽しいですね。たこ焼き作りも楽しかったです。あんなちっちゃいもんでも、それぞれ個性出るもんやなと思いましたね。

Q.あと幼稚園にも行きました!
幼稚園は、なんかすごいな~って思いましたね(笑)。

Q.すばるさんも跳び箱8段跳びました。子供のころから得意でした?
飛び箱、得意って言うか普通にできてましたよ。

Q.子どもさんは、すばるさん好きですか?
こども大好きですよ、僕!

Q.バスケットボール、2オンとかの試合しましたが?
バスケは、10代の頃以来してなかったから、全然ダメ。ルールもイマイチ分からんくらい。でも、僕は、もう大満足でした、あれは。あのゴールのわっかのとこに手を触れることは一生ないと思ってたんですけど。できたんで(笑)。

Q.強烈な紅茶のお店はどうでした?
いや~おもしろかった!社長さんが!

Q.すばるさんと言えばコーヒーと言うイメージですが、紅茶どうでした?
いや、めっちゃおいしかったですよ。おいしかった、ほんまに。紅茶もありやなって感じですね。

Q.ティーソーダ、ロイヤルミルクティーとブラックティーと飲まれましたが、どれが一番おいしかったですか?
最初のやつ!ティーソーダ!あれがめっちゃおいしかった。

Q.飲んだことない味とおっしゃってましたが、杏仁を感じるんですか?
杏仁も感じるし、紅茶の感じもあるし、炭酸もきいているし、なんか不思議な感じでしたね。おいしかった。やっぱり、オススメっ言われたのを頼むのもいいね。

Q.チーズ専門店にも行きました。ウオッシュチーズにだいぶやられましたね(笑)?
だまされた…あいつに!

Q.大倉さんは、すばるさんをはめるつもりはなかったと、さっきおっしゃってました(笑)。
絶対ウソや!いや~わからない!あいつは悪い奴ですから!!そうですか?めっちゃ臭かったし。口が全部チーズになって、強烈なやつがきましたもんね。

Q.大倉さんとのペアはいかがでしたか?
楽しかったですよ。

Q.笑顔が絶えないですよね?
どのメンバーとでも絶えないよ(笑)。絶えてもいいですけどね~(笑)。

Q.西宮ロケの見どころいただければ。
そうですね~やっぱ、俺のダンクシーンですかね(笑)。

Q.2018年のすばるさんの抱負をいただければ。
抱負!健康に、がんばって行きたいと思っております!

Q.「ジャニ勉」がリニューアルしてもう少しで1年ですので、「ジャニ勉」としての抱負もお願いします。
ゲストの方あっての番組だと思うので、来ていただいた方に楽しんでもらうのが大事ですよね。「ジャニ勉出たいな」と思ってもらえるような番組にしていけたらなと思いますね!

Q.最後にカンテレが今年60周年イヤーとなりまして、「ジャニ勉」の4mの大きな看板を出したりしてますので、コメントいただけるとありがたいです。
おめでとうございます!僕は10代の若い頃から通わせてもらってるんでね…もう実家みたいなもんなんで…ちょっと言い過ぎですけど(笑)。でも、それくらいの感覚でやらせてもらってるんで。いつまでも元気でいてください、カンテレさん!

大倉忠義コメント

Q.今日は兵庫県の西宮界隈ということでしたけども、西宮はいかがでしたでしょうか。
西宮、なんか面白い街ですね。個性的な人が多いね。甲子園はやっぱ、「オモイダマ」の思い出が強いですね~。あん時にね、球場内で撮影をやらしてもらったし。やっぱり選手の活躍とかに「オモイダマ」が乗っかってるのが凄く感動した思い出がありますね。あとジュニアの時代に何をしたかは覚えてないですけど、なんかやった気がします(笑)。球場の中で。大分前ですね。もう20年ぐらい前のことやね。歴史館は、やっぱり昔から阪神ファンの方とか凄いたまらないんじゃないですか?僕はね、無知でVRしか楽しめなかったですけど(笑)。VRはね~ラジオでしかやったことないんですよね。しかも罰ゲームでしかない(笑)。

Q.ドラフトの名前で、日ハムを選ばれたのは何か理由はあるんですか?
ちょっと清宮くんと会いたいな~と思って(笑)。凄いですよね~。凄い注目のされ方というか。野球知らない僕が知ってるぐらいですから!

Q..ミニチュア模型は?
いや~凄いですね。やっぱりやり続けて形にするっていうのは、やっぱね凄いですよね。一年かけてね~。僕には出来ないっすわ、あれは。

Q.ああいう細かい作業は大倉さんはどうですか?
無理ですね。たこ焼きでも精一杯でした(笑)。持たないんですよ、集中力とか長く。あれぐらいが精一杯です。

Q.あと昭和感を感じるっておっしゃってましたね。懐かしいわ~って。
懐かしい~ってね~生きてないんですけど、あの時代は(笑)。70年代とかもね。生きてないけど何で懐かしい感じがするのかわかんないですよね。自分でも不思議な感じがする。

Q.幼稚園ビックリしましたけど。
幼稚園ね~。面白かったです。人それぞれ教育も人それぞれなんだな~って色々思いましたよ。

Q.跳び箱8段跳んだのっていつぶりぐらいですか?
跳び箱自体ね~無茶苦茶久しぶりでしたね~。

Q.跳ぼうと思ったら跳べるもんやなと思って。
いや(笑)、まぁまぁ8段ですからね。うん。そりゃあれぐらいはね。あれ、縦じゃなく横っていうのがキツイんですよ。

Q.バスケットボールのプロ選手のとこ行きましたけど。いきなりやってみてどうでした?
小学校以来やったんでね~。授業とか。まぁ何かやってたような気するけど、全然覚えてないですね。僕6年生からジュニアやってるから。そっちの思い出しかあんま無いですね~。

Q.今日やってみて?
かっこいいっすよね、バスケって。NBAプレイヤーとかのプレーしてるとこ大好きですからね、僕。もう観るの専門っすね。スポーツは全部。

Q.どういうところがいいな~って、かっこいいいな~って?
いや~やっぱあんな大きな選手、迫力があります。やっぱり、やりあってるの観るとね。

Q.すばるさんと今回ペアでしたけど、すばるさんとのロケはいかがですか?
いやっ楽しいっすよ~。うん。人それぞれ違うなっていつも思います。

Q.すばるさんとは16年の4月だったので、ほぼ2年ぶりになるんやな~と。
ね~。でもいっつも一緒に仕事してるからそんな変わりはないですけどね。

Q.特にメンバーさん変わっても大倉さんは特に意識せずいつも通りみたいな感じなんですか?
いっつも変わんないと思いますよ~。

Q.観ていてそうやな~って。やっぱり笑顔が多い気がします。
うん。基本ね~皆楽しい人やからね(笑)。

Q.チーズお好きだったんですね?
好きって言うか、種類を知ってただけで。ま、好きなんですけどね(笑)。種類知ってるからすばるくんに勧めてあげたかったっていう、チーズを。

Q.ウオッシュタイプは、分かった上ですばるさんに、しかけた(笑)?
しかけたわけじゃないんですけどね(笑)。オススメ(笑)。もしかしたら、好きって言う人もいますからね、ああいうの(笑)。

Q.今日は飲まれないのかな?と思ってロケしてましたが、やっぱりやっちゃいましたね。
(笑)。僕あんまり甘い酒飲まないので、飲むのならってことで。ね~飲んじゃいましたわ(笑)。

Q.西宮ロケの見どころをお願いします。
甲子園から始まって、ちょっとベタなロケになりそうやったのに、意外な感じになってるから(笑)。おもしろかったですね。

Q.すばるさんとも楽しそうでしたね。
ね~楽しかったです(笑)。

草間リチャード敬太&藤原丈一郎(関西ジャニーズJr.)
「ウワサの頑固店長」ロケ感想コメント

草間リチャード敬太コメント

Q.初の「頑固道」リポートはいかがでしたか?
前の「お値段」の感じと、その前の「いただきジャーニー」を混ぜた感じというか、食リポするのは懐かしいなと思って。懐かしい気分もあり、新しい部分もあって。ただ、相手が丈(藤原丈一郎)やったというのもあるんですけど、やりやすかったかな!

Q.リチャードくんのコメント一言一言が面白すぎて(笑)。
(笑)。ボソッと言うことに徹してるんで、僕は!

Q.それは、事前に考えている?
いや、“あれを言おう”と思ってるわけやなくて、パッと出てくるものを信じてるんです、自分で。

Q.先にロケを経験している関西Jr.のメンバーからアドバイスは?
丈が真鳥(林 真鳥)くんからアドバイスをもらってるときに僕も聞いてたんですけど、まとくんがどうやったかっていう話をしてるのを聞いてて、アドバイスは…もらったかなあ(笑)?あんまり覚えてないんですよ(笑)。でも、丈が言われてるのを聞いてましたね。で、昨日、大吾(西畑大吾)と流星(大西流星)の回のVTRを見て、こんな感じなんやなと思って、来ました!

Q.丈くんとは綿密な打ち合わせを?
一応、なんとなく(笑)。まあ、「はじめにこんなんしようか」みたいな。中で、ボケれたらいいけどな、って言いながら、あんまり実際はできてないんですけど。

Q.今回のペアは、安定のコンビでしたけどどうですか?
やっぱり安心しますね。ちゃんと支えてくれるっていうか、もってってくれるから、安心してボソッと言える。すごい、ほんまに誰とのペアよりも一番安心します。

Q.一緒にいる時間が長いから?
一時期一緒にコントやってたっていうのもあるし、バラエティ的な部分で一緒にやることが多いから、そういう部分では一緒にいる時間は長いんですかね。

Q.相性が合うんですかね(笑)?
そうですね。ちゃんと使おうとしてくれる、丈がオレを(笑)。途中で、丈の目線が変わってくるんですよね。“作家さんでしたっけ?”みたいな目線になってくるので。

Q.打ち合わせとかしてるときも?
「リチャードはこうやってボケたほうがおもしろいから」、「こっちのがええんちゃうん?」みたいな。「あ、そっか」みたいな。

Q.客観的なアドバイスを、丈くんがくれる?
そうです。たぶん、個人個人の面白い部分っていうか、ボケのジャンルをちゃんと知ってるんですよね。お笑い好きで、僕もお笑い好きなんですけど、その中でも丈はお笑い好きやからどんどん見るじゃないですか。見てると、“この感じのボケやったらこの人合うな”とか思うんですよ。そういうのが頭に入ってるんやと思うんですよね。だから、安心してできる。やりやすい。

Q.ロケは、いかがでしたか?
もうね、濃すぎて、ほんまに。僕の知ってる人間じゃないです。頑固を超えてんちゃうかなって、ほんまに。頑固とかじゃなくて、ほんま考えがすごい。なんやろ、もう言葉が出えへんぐらいに強烈な店長さんでしたね。

Q.自由で、お任せのお店でしたが?
お任せどうこうっていうよりは、向こうが勝手に決めるんで、全部向こう発信っていうか(笑)。こっちが分かることがあんまりなかったので。もう、「全部すごいな」の一言です、ほんまに。

Q.「お客さんが楽しんでくれたり笑顔になってくれたら」っていう店長さんの考え方がいいですよね。
うん。そういうところは僕らとも似てるのかなって思うんですけど。見習えるところもあるのかなと思ったり。自分の犠牲をいとわないというか。常に相手のことしか考えてないっていうのが、“すごいなこの人”と思って。すごいなって思った後に、またすごいのがくるから、もう“あ、あ、はい…えっ!?”って、頭が付いていかないですってなる(笑)。ホンマに、初めて会いましたわ、ああいう方。

Q.料理自体はどうでした?リチャードくんには、ガッツリ料理!
ガッツリ。ほんまにガッツリやったんですよね。おいしかったんですけど…。

Q.最後に何かメッセージがあれば(笑)!
言いたいことですか(笑)?あんまりあの店に人が集まりすぎるとかわいそうなんで、適度に行ってあげてください(笑)。僕自身、いろんな人との出会いって大事やなってあらためて思いましたね。今後も、もっとそういう出会いが増えるように頑張っていきたいなって思いました!

藤原丈一郎コメント

Q.「頑固道」のリポーターは初めてですね。いかがでしたか?
個性豊かというか、いろいろな頑固があったので。“頑固”ってイメージだとすごいおじさんが怒ってる感じだったんですけど(笑)、そんなことなくて、その人なりの譲れない、曲げられないこだわりがあったので、そういう頑固をいろいろなところで見られて楽しかったです。

Q.「お値段」の頃のロケとは違いますか?
う~ん、でも僕、前からほぼほぼロケはリチャードと一緒なので、景色は一緒ですね(笑)。横を見たら天パなので(笑)。(リチャードくんが「おいっ!」とツッコミ)。 そういう面では一緒なんですけど、やっぱり「お値段」やったら、∞さんがVTRを見ている中で、“これはいくらか?”というのにどうやってたどり着くか、いろいろあったんですけど、これはシンプルに、店長さんのいろいろな部分を引き出すというところがあったので、前のロケとは違いましたね。

Q.確かに、このロケは、自分たちでいかに引き出すか、ですもんね?
そうなんですよ。僕らが聞き出さないと店長さんもお話しにくいので、そこをうまいこと引き出していくのが難しかったです。

Q.うまいこと引き出していましたね!
いやいや、とんでもないです。

Q.すでにこの「頑固道」ロケを経験しているJr.メンバーからアドバイスは?
この前ちょっと真鳥(林 真鳥)くんと話していて、「どんな感じ?」って聞いたら、真鳥くんと大晴(福本大晴)は蛇口の話を聞いたんですよね?ジャンルが個性豊かやから、考えて行くよりもその場でその人に合ったものがあると思うからって言われたので、“そうなんや!どんな人がくるんやろ?”って思っていたら、まさかの個性豊か過ぎる店長さんで。でも、これまで他のJr.のテーマはご飯とは何か別のものが多いけど、僕たちは3本の取材ともご飯、ご飯、ご飯やったので、いっぱい食べて幸せですよ(笑)。あとは、康二(向井康二)とも「やらんよりはやりきったほうが∞さんもいじりやすいし…」みたいな話をしたので、そういうことも踏まえて、リチャードと二人でやりきりました!

Q.リチャードくんとは事前に打ち合わせしたりした?
いや、その場でできましたね。その場でパッパって…ふふふっ(笑)。

Q.リチャードくんは「打合せした」って言うてたで!
表上は、打ち合わせなしで…(笑)。やってないと言っておきましょう。実際は、二人でご飯に行って「どうしようか?ここはこうやな」「じゃあここで…」ってめっちゃ話をしました(笑)。

Q.そんなに綿密な計画を練ってきていたんですね?
それでやろうと思ったんですけど、実際は結局「その場でいこか?」みたいな感じで(笑)。

Q.リチャードくんとの組み合わせはどうですか?
やりやすいですよ。僕、『ジャニ勉』のロケで二人のペアは大橋(大橋和也)かリチャしかないんですよ。だから、ほぼほぼリチャが占めてるんで。ロケが決まった時も、「リチャ、決まったで」、「どうしようか?」ってなって、まずロケ先がどういうところか聞いてから決めようかっていう感じで話し合ったりしてるんで。僕らはね、お互いお笑いが好きなんで。お笑いの中でも分散してツッコミとボケでっていうのも考えると、“オレらほんまにジャニーズなんかな!?”って思いながら(笑)。でもほんまにテレビですからね。僕らも気合いが入って。昨日の夜もずっと連絡を取り合って、「ここはああしたほうがいいかな?」「でもこっちかな~?」みたいなこともしてたので、ロケにオレらは命を懸けてやってました!

Q.実際のロケはどうでした?
そうですね、一発目から刺激の強い感じで。僕らの思ってた頑固店長のイメージって「オレは絶対変えへん!」みたいな。店も、居酒屋って聞いてたし、チョイ悪オヤジみたいな感じかなって思ってたら、気さくな近所のおじちゃんみたいな。すごかったですね。逆に、久しぶりに圧倒された。

Q.二人がペースに飲み込まれている感じが、おもしろかったです(笑)。
ちょっとこっちでしゃべってて盛り上がるかなって思った瞬間、すぐ「あ、マツタケできたで」って。あの店長さんのペースには、2、3回ロケ行かないと慣れないですね(笑)。

Q.マツタケを食べたのは初めて?
初めてです、初めてで。横で食べるより、縦でちぎって食べるっていうのも初めて聞きましたし。普通のやつと違って風味とかもあって。“これがマツタケなんや”って感じでしたね。

Q.コンセプトが“みんなを笑顔に”っていうのもいいですよね。
ご飯もそうですけど、「まずはみんなが幸せになってくれたら、それが僕のごはんや」って言ってたんで。あんな良い言葉、言えないですよね、普通は。言葉と見た目が合ってないんですけど(笑)。

Q.今回のロケの見どころは?
見どころはもう、オレらが飲み込まれてるところ(笑)。

Q.「頑固道」のロケは楽しい?
今回初めてやらせていただいて、ええロケやなって。ほんとに、食レポだったり、素人の方としゃべったり難しかったんですけど、今後自分の仕事に活かせそうなことばっかだったんで。ほんとに楽しいロケでした!

関西テレビ ページトップへ戻る