横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都いろどり日記

[#66放送]12月19日(水)深夜2:05~

※放送日時は変更の可能性があります。

【#21】2015年3月18日放送

#21 「平安貴族の別荘地・宇治」

平等院

平等院2

平等院

平安時代、時の関白藤原頼道により父道長の別荘を寺院に改め創建されたのが、京都・宇治の地で約1000年にわたり信仰を集めている、世界遺産・平等院。創建の翌年には鳳凰堂が建てられ、地上に出現した極楽浄土として人々から崇められるようになりました。
鳳凰堂はみなさんおなじみ、そう、10円硬貨の表に描かれているあのお寺です。今回平等院に向かう由依ちゃん、その理由はなんと「京都やましろ観光大使」に由依ちゃんが就任したため!その就任式が平等院で行われるので、今回は特別に平等院での就任式の様子を紹介します。また平等院ミュージアムでは国宝の雲中供養菩薩や鳳凰を間近で見学、平安時代の極楽を感じます。

煎茶道

煎茶道2

煎茶道

宇治と言えばお茶の産地。街中にはたくさんのお茶屋さんが並びます。そのうちの一軒で様々なお茶の試飲をしつつ、茶室で煎茶道を習います。
茶道と言えば抹茶ですが、煎茶道とはいったい?煎茶道を学んだあとは喫茶室で楽しく抹茶スイーツを頂きます。

京焼・清水焼

京焼・清水焼2

京焼・清水焼

その昔清水寺の参道で焼かれていた清水焼。昭和に入り、よりよい環境を求め陶芸家たちが宇治の山奥・炭山の地へと移り住みました。京焼の伝統は大事にしながらも新しさを追求する陶芸家山本壮平さんの工房も宇治の炭山にあります。
今回は山本さんに、土の練り方、そしてろくろでの茶碗作りを教えて頂き、京焼の素晴らしさを体験します。

[由依ちゃん直筆]絵日記

今回のお土産

今回のお土産

由依ちゃんが京都の人たちと触れ合いながら、通な京土産を探すこのコーナー。

由依ちゃんが見つけたお土産は…
平等院ミュージアムショップで見つけた、ケータイホルダー

関西テレビ ページトップへ戻る