横山由依(AKB48)がはんなりめぐる 京都いろどり日記

月1回第3水曜日放送

9月18日(水) 深夜1:58~

#03 「手仕事から生まれる京の色」

100年以上続く老舗の飴屋“豊松堂”

平安神宮などの千歳飴も手掛ける豊松堂。店頭には色とりどりの京飴が並びます。手作りにこだわった“京飴”の作り方を見学する由依ちゃんですが…職人さんたちが何の飴を作っているのか、まったく想像がつかない様子。様々な色の飴を組み合わせて作ってくれた飴を見て、由依ちゃん感動!はたしてどんな飴に仕上がったのでしょうか?
そんな豊松堂で見つけた色は…掻練色(かいねりいろ)

93歳の職人が作るガラスペン

600度以上もの炎を使うというガラス加工。もうすぐ93歳でいまだ現役のガラス職人さんのガラスペン作りを見学する由依ちゃん。暑い炎の前で細かな作業をする職人技がお見事!出来あがったガラスペンは、見る者を惹きつけてキラキラ光る逸品。
ガラス職人の手から生まれた美しい色は…瑠璃色(るりいろ)

200年以上家族で営む提灯屋

代々家族全員で作り続ける京提灯。約200年続く京提灯づくりを体験する由依ちゃんですが…初めて見る提灯つくりの繊細さに、職人さんの仕事の奥深さを学びます。“家族の絆”が作り上げる一寸の狂いもない提灯。あかりを灯すと、あたり一帯に温かな空間が生まれます。
小嶋商店で見つけた京の色は…謂はぬ色(いはぬいろ)

今回のお土産

今回のお土産

由依ちゃんが京都の人たちと触れ合いながら、通な京土産を探すこのコーナー。

今回由依ちゃんが見つけたのは、おたふくのお面!お面を被った由依ちゃんと顔は必見!!

「京都美の音色」「京都いろどり日記」オンデマンド配信スタート!

カンテレドーガ

由依チャンネル YouTube

もっと見る

バックナンバー

もっと見る

閉じる

  • 京都・美の音色

関西テレビ ページトップへ戻る