アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?

アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?FNSアナウンス用語統一部会に参加しているアナウンス部の用語番長(日本語番長ではなく、あくまで、KTVのアナウンス用語番長です)豊田康雄アナウンサーが、用語ハンドブックに基づいて、ニュースで使うことば、表現について、言わせてもらっても、ようござんすか?

たくわん?

白いごはんに映えるまぶしいほどの黄色と独特の歯応え…大根を使った日本人のソウルフードともいうべきあの漬物は「たくわん」とも「たくあん」とも呼ばれますが、本来はどちらでしょうか?急にきかれると「あ」なのか「わ」なのか、あわあわしますが、漢字で書くと“沢庵”なので、元々は「たくあん」であることがすぐに想像できます。沢庵は江戸時代初期の僧の名で、この漬物の創案者といわれ、彼の名を冠して「たくあん漬け」と呼ばれるようになったという説があり、国語辞典の多くは「たくわん」を引くと説明がなく、「たくあん」の項を読むよう促しています。このことから「あ」が「わ」に変化したことがわかり、フジ系列の用語ハンドブックが推奨しているのも「たくあん」です。「あ」⇔「わ」の音の変化については、動画『ちょっとズレてます?~他愛ない話~』でも取り上げています。もしよろしければ、沢庵でもポリポリかじりながらご覧いただいても…ようござんすか?