アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?

アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?FNSアナウンス用語統一部会に参加しているアナウンス部の用語番長(日本語番長ではなく、あくまで、KTVのアナウンス用語番長です)豊田康雄アナウンサーが、用語ハンドブックに基づいて、ニュースで使うことば、表現について、言わせてもらっても、ようござんすか?

パネラー

「関西どうかしてるぜ!ニュース」を担当しているウラマヨ!の収録の日には、スタジオ観覧の記念に写真が撮れるよう、司会のブラックマヨネーズの二人のパネルが用意されます。パネルといえば、バラエティ番組などでパネルディスカッションの参加者のように、司会者に意見を求められたり、感想を述べたり、クイズに答えたりする出演者をパネラーと呼びますが、実は和製英語で、英語ではパネリストです。英語本来の呼び方ではないから和製英語は使ってはいけないかといえば、そんなことはなく、放送で毎日のように耳にするサラリーマンやOL=オフィスレディー、ナイターなども日本生まれ、日本育ちの英語らしくきこえることば(本来はオフィスワーカーやナイトゲーム)です。パネラーも、最近はほとんどの辞書にパネリストと並んで掲載され、市民権を得たことばといえます。とはいえ、アナウンサーとしてはまだ本来の使い方を忘れてはいけないということで、FNS用語ハンドブックはパネリストを推奨しています…ようござんすか?