アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?

アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?FNSアナウンス用語統一部会に参加しているアナウンス部の用語番長(日本語番長ではなく、あくまで、KTVのアナウンス用語番長です)豊田康雄アナウンサーが、用語ハンドブックに基づいて、ニュースで使うことば、表現について、言わせてもらっても、ようござんすか?

山鉾

今年の祇園祭は台風の影響が心配されましたが、一番の見どころである山と鉾が京都の街を進む山鉾巡行も無事執り行われました。この「山鉾」の読み方をフジ系列では「ヤマボコ」に統一、長刀鉾をはじめとするそれぞれの鉾も便宜上「~ボコ」にしています。国語辞典も「ヤマボコ」と見出しを立てているものがほとんどですが、最近の新聞やウェブサイトには「ヤマホコ」という振り仮名や「~HOKO」というローマ字表記が目立ちます。これには海外からの観光客が増えていることも関連しているようです。「草」と「花」が連なると「クサハナ」ではなく「クサバナ」となるように、日本語には下に来る語の初めの清音が濁音にかわる場合があり、「山=YAMA 」と「鉾=HOKO」が複合して「YAMABOKO」に変化するのもその例ですが、外国人向けにローマ字で説明するときには変化させずにそのまま「~HOKO」と表記する方がわかりやすいのでしょう。しかし、長刀鉾町など京都の地名にもなっている「~鉾町」も本来は「~ボコチョー」(国土行政区画総覧による)です。やはり日本が世界に誇る祇園祭の山鉾は、千年以上の歴史の中で連濁し、馴染んだ「ヤマボコ」の方がふさわしいと思うのです…ようござんすか?