アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?

アナウンス用語番長・豊田アナウンサーの用語ざんすか?FNSアナウンス用語統一部会に参加しているアナウンス部の用語番長(日本語番長ではなく、あくまで、KTVのアナウンス用語番長です)豊田康雄アナウンサーが、用語ハンドブックに基づいて、ニュースで使うことば、表現について、言わせてもらっても、ようござんすか?

ボジョレ・ヌーボー

10年ほど前まで毎年この時期になると「ボジョレー、それともボジョレ?ヌーボだっけ、いや、ヌーボー?」というやりとりがニュースの本番前に繰り広げられていました。11月の第3木曜日に解禁されるフランスのBAUJOLAIS地方でその年に実った葡萄で作られた赤ワインの新酒の日本語表記は販売する酒造メーカーによってバラバラです。
考えられるのは地方名がボジョレ、ボジョレー、ボージョレ、ボージョレーの4つ、新しいという意味のNOUVEAUもヌーボ、ヌーボー、ヌーヴォ、ヌーヴォーの4つ、組み合わせは少なくとも4×4=16通りは存在する計算です。この混とんとした状況をうけ、FNS用語ハンドブックには2004年の改訂以降、フジ系列としての読み方が掲載されるようになりました。便宜上「ボジョレ・ヌーボー」で統一しています…ようござんすか?